≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お寺と音楽と私。

新潟市・木揚場教会で開催した“お寺でライブ”『ほうおん!』から一ヶ月。


IMG_2044_convert_20141112144903.jpg
photo by takuya shiraishi



皆様から寄せられたコメント、感想等にひとつひとつ目を通させていただきました。

その中で、

“自分にとって『ほうおん!』とは何だったのか?”ということを改めて考えていました。

当初から、企画書に挙げていた開催の目的は、

①木揚場教会にスポットをあてる

②若い方にお参りをしてもらう

の2つ。

スタッフ調べによれば、来場者は延べ230名。やはり20~30代の若い方が多かった。

その点を踏まえれば、ある程度今回の目的は達成できたのではないかと思います。

特に印象的だったのは、②について、若い方々が真剣にお話に耳を傾ける姿。

また、読経が始まると誰に指示された訳でもなく姿勢を正す若い方々。

その光景は自分にとって全く予想していないものでした。

「若者のお寺離れ」ということが言われるようになって久しいですが、

こちらが精一杯伝えようとすれば、しっかり応えてくれる――

それが嬉しかったのと、

同時に今まで自分が如何に人(あるいは教え)に向き合ってこなかったのか、

ということを痛感した瞬間でもありました。



そして、開催テーマである『“お寺”で発見、“私”を発見』ということ。

これについては、結果として自分の思いが強く反映されたものとなりました。

“僧侶として自分に出来ることは何か?”ということ。

それは、“自ら教えを聞いていくこと。そして、それを伝えていくこと。”

さらに、“自己に出遇う場を開いていくこと。そして、それを共有していくこと。”

ではないかと感じています。

それを標榜する為の開催テーマ、その為の『ほうおん!』――

しかし、イベントの内容に関して反省、改善していくべき点はあります。

そのひとつが、「仏教(お寺)と音楽と“私”の発見」の関連性について、です。

この点については、イベント中に自分の口からお伝えするべきであったと思いますし、

もっと具体的な形として内容を工夫することは出来たのではないか、とも思います。

“私”にとって仏教(お寺)とは何か?

“私”にとって音楽とは何か?

そのような問いをもつことこそが「“私”を発見」していくことではないでしょうか。

仏教は“私”を映す“鏡”であると言われていますが、

きっとそれは仏教というものが、“ありのまま”の“私”を語っているからだろうと思います。

では、音楽の場合はどうでしょうか?

そこに表現されている喜怒哀楽。そういったもの全ても同じく“ありのまま”の“私”です。

だからこそ、私たちは、その曲に共感し、時に励まされ、時に涙したりします。

私たちは「自分のことは自分が一番よく知っている」などと言いますが、

本当にそうでしょうか?

私たちは自分の目で、自分の全身を見ることは出来ません。

自分の全身を確認する為には、やはり“鏡”が必要です。

“鏡”の前に身を置いて、初めて『“私”を発見』していくことが出来るのです。

そのように仏教と音楽というものから『“私”を発見』していける場所――

それが、自分にとっての『ほうおん!』です。



さて、反省も含めて、自分なりに今回の『ほうおん!』を振り返ってみた訳ですが、

何より大切なことは、継続すること、今回の反省を次回に生かしていくことだと思います。

その為には、改善すべき点は改善し、より良い『ほうおん!』として、

次回また皆様にお会いできるように努力していきたいと思います。


今後とも宜しくお願いいたします。

| ほうおん! | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芸術の秋!

KIMG0062_convert_20141104170831.jpg



行って参りました。



長岡市美術展覧会。『市展』。


と言いますのも、


この展覧会に書道の作品を出しているからでありまして…


結果は…



入賞ならず!



はい。残念でした。


しかしながら、書道以外にも


他の方々の作品を見るのは本当に勉強になりますね。


「あー、こうやって書いたら良いのか」ということは理解できても



書けない!



まあ、それに尽きます(笑)


これかも精進したいと思います。




【本日の一曲】



>>The Chemical Brothers - Let Forever Be




えーっと。今回は『芸術の秋』にちなんで


『アーティスティックなミュージックビデオ』選んでみました。



The Chemical Brothers「Let Forever Be」



てか、誰でも思いつくようなものでスミマセン…。


監督はミシェル・ゴンドリー


他にも色々面白いミュージックビデオも手がけているので


気になった方はチェックしてみては?




↑はっきり言ってこれは買いです!!オススメ!!


| ksm.の小言 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

児童教化

new_KIMG0051_convert_20141029172715.jpg



真宗大谷派(東本願寺)には“児童教化”という活動があります。

“児童教化”。

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、

簡単に言うと、

「こどもに仏教をどう伝えるか」

そういった活動になるかと思います。


とは言え、僕自身、

こどもに仏教を伝えられているか?と言えば甚だ疑問ですし、

寧ろ、こどもから教わることの方が多いんじゃないか?っていう気さえします。


ふと思うんですよ。

それで良いんじゃないか?って。

一方的なのは、傲慢。

お互い、教わり教えられる関係性。

共に笑い、時には悩む。

それこそが真宗大谷派(東本願寺)における“児童教化”。

今はそんな気持ち。


写真は、先日(10/27)、お手伝いさせていただいたお寺でのこども会の様子。

分かりにくいかもしれませんが、

“ひっくり返しゲーム”

こども達が力を合わせて大人をうつ伏せの状態からひっくり返す遊び。

意外と盛り上がります(笑)

道具も要らないし、オススメですーよ。






【本日の一曲】



>>MGMT - Kids


| ksm.の小言 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマアラシのジレンマ

この歌詞にグッとくる。




【本日の一曲】



>>plenty 「人との距離のはかりかた」




茨城県出身のスリー・ピースplentyの1st EPより。

現在は、元the cabsのドラム中村一太が加入し、新体制になってますけど。

Official Website>>http://www.plenty-web.net/


このMVは、あれですね。

独の哲学者アルトゥル・ショーペンハウアー(1788―1860)の

『ヤマアラシのジレンマ』がモチーフになってますね。多分。


“寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、

針が刺さるので近づけない”
っていう、あれ。


そもそも傷つくなら(傷つけるなら)近づかない方がいい。楽だし。

そういうのも分からんでもない。だけど。

本当にそれでいいのか?って思いもある。


学生時代に、こんなこと言われた。


「人は他人の痛みを本当に理解することはできない

しかし、その痛みを理解しようとすることはできる」


…僕の出会った言葉。

要するに、「うわっ、痛そー。大丈夫?」ってことですよ。


想像力。

無関心な人間にだけはなりたくないです。

ただ、どうなんでしょうね?

胸張って言えんの?って。


“人との距離のはかりかた”


難しい。苦手です。


“言葉にするだけ無駄かもな

でも言葉にしなくちゃダメだよな”



分かってるよ。僕だって。







| plenty | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【オススメ邦楽】give me wallets / Looking For The Special feat. Seira Kariya

最近のお気に入りなのです。




【本日の一曲】



>>give me wallets - Looking For The Special feat. Seira Kariya (Official Music Video)


いいなー、このバンド♪



■ “give me wallets”(ギブミーウォレッツ)


メンバーは、

Jess(Vo&Syn)/ Kenji(Gt&Machine)/ Sa-ya(VJ&Cho)/ Junya(Dr)  の4人。

VJがメンバーにいるバンドも珍しいのでは?(知らないだけかもしれない)と思ったり。




>>give me wallets - Sparks



こーゆー視覚と聴覚で楽しめるライブっていいっすよねー。うん、良い。


曲の方は、ニューウェーブ/インディーってか、PASSION PITとか好きなのかな?って感じで。「出るべくして、出てきた」というか、前述の曲含め、とにかくハイクオリティー。

ブラボー!!!


しかも、自身の音楽活動の他に、楽曲提供等もしていて、最近だとYUKIさん。
"誰でもロンリー"と"君はスーパーラジカル"。(自分はこれで知りました)

作曲者のクレジット見て「誰?」ってなって調べてみた結果、とてもステキなバンドだった。

何かこれも「発見」だし(ほうおん!に無理やり繋げてみる)、音楽を聴く楽しみでしょ。


とにかく素晴らしいバンドだと思いますので、皆様もチェックしてみては?

>>official website _ http://give-me-wallets.tumblr.com/


<< 2nd EP  <<1st EP

| give me wallets | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。