PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The Who _ The Real Me




今回は割りとスタンダードなものを。好きな曲です。

1973年発表の『Quadrophenia』(邦題:四重人格)より。


ロンドン五輪も閉幕。各国選手の皆様、お疲れ様でした。






昨日、録画しておいた閉会式見ましたが、見応えありましたねー。


流石は、音楽大国イギリス


数多くの偉大なアーティストを輩出しているイギリスですが、個人的にはやっぱり

「イギリス」と言えば、

“The Who”

閉会式でのカイザーチーフス“Pinball Wizard”のカバーもなかなか◎。



勿論、他にもたくさん好きなアーティストはいますが、

「The Who=イギリスを象徴するバンド」だと思われるわけで。



その理由は、

今回の一曲『The Real Me』も収録されているアルバム『Quadrophenia』をベースにした

映画作品『さらば青春の光』を自分が高校生の時に見たから、というものでしょう。



当時のイギリスの若者を描いた青春群像。


モッズとロッカーズの対立。

そしてラストの、ジミー青年が断崖の上からべスパを落とすシーンはあまりにも有名。



自分が昔よく通っていたレコード屋さんの店長から借りて見ました。


音楽は勿論、モッズ・ファッションやら、映画の中の若者の生き方やら、とにかく「かっこいい」と思えましたし、

ロッカーズがえらく“ダサく”見えました(笑)

その点はフランク・ロダム監督の意図するところなのかも知れませんが・・・



考えてみると“10代”に自分が見たり、聴いたり、ふれたものって強烈ですね。

要するに影響されやすい年頃(笑)



『さらば青春の光』、久しぶりに見てみよっかなー。







と、昨日の閉会式見てて思ったんですが、

仮に日本で今回のイギリスみたいな五輪の閉会式やったら、どんなアーティストが選ばれるだろう、と。



(以下、ksm.の妄想をお送りします。)


とりあえず、鼓童とか布袋寅泰あたりは出そうだな。

あとは、津軽三味線の吉田兄弟とか。

YMOとか。

石野卓球とか。

Perfumeきゃりーぱみゅぱみゅとか。

矢沢永吉とか。


ラルクとかもあるかも。


で、大穴はやっぱり、小林幸子






・・・と、不毛な妄想を繰り広げた結果、「なんか違う」という結論に。


やっぱり「イギリス」ならでは、ってことで(笑)




次は、パラリンピックですね!

オリンピックに負けない熱い試合を期待してます!!!




スポンサーサイト

| ksm.の小言 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/71-82fa041f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。