PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弁士の夢喰う貘

夏の夕暮れが好きです。



ヒグラシが鳴いてたりするような。



以前に、学生時代の友人が実家に遊びに来た時、


「サンプリングしてぇ」


・・・って言ったっけ。



夏の音。





夏の夕暮れが好きです。




あれは確か、2001年のこと。




大学の夏休みの為に、自分は帰省中。




久しぶりに会う友人Aと、街のうらぶれたゲームセンターへ。




お客さんはほとんどおらず、自分たちも別にゲームをするわけでもなく、

ただ自分たちの近況を報告しあったり。



そんな時、携帯に着信。



友人Sから紹介してもらって、何度か遊んだことのある女の子から。

(正直言うと、かなり好きなタイプだった。)



自分「もしもし?」



女の子「もしもし?」




電話越しに聞こえる雑踏の音。


駅のホームから電話してるみたい。



女の子「今、駅にいるんだけど、電車来るまで電話してていい?」



(自分「!?」)



戸惑いながらも、少しの間電話することに。


何てことは無い会話だったけど。



しばらくすると、ホームに電車の入る音。



女の子「・・・電車来たから電話切るね。」



自分「はいよ。」



女の子「またね。」



自分「じゃあね。」



プツッ・・・



ツー。



ツー。



ツー・・・



その時の、ゲームセンターに差し込む夕日がすごく綺麗だったのを今でも覚えています。



「あの子も同じ夕日を見ているのだらうか」・・・なんてことを考えてみたりして。



・・・。



しばらくして、その年の夏の終わりに、何となくフラれた。



別に告白したわけでもないけど・・・。



「自分には忘れられない人がいるから付き合えない」とか、なんとか。




どおゆーこっちゃ・・・






とことんどうでもいい話をしてしまいました(笑)




というわけで、【本日の一枚】。




本日の一枚

poi.jpg

poikilotherms // popcatcher (2001)


1. 風灰
2. a rough「draft〔copy〕
3. interlude 1
4. 電気じかけのユウウツ
5. Exhausts Covers Conscience
6. センターパーク’90
7. interlude 2
8. 終末旅行
9. interlude 3
10. 6th day
11. 5:30p.m.
12. interlude 4
13. AE2095
14. punkrockauthority
15. ヒグラシ
16. 14 summer




自分にとって、そんな「何か始まりそうで何も始まらなかった」2001年を象徴する作品。


今でもよく聴いています。


自分みたいな、いい年したセンチメンタル野郎には、たまらんのです・・・


PROFILE1263377294_l.jpg

masahiko kubota
tomoyuki tachihara
masakazu ichise
takaaki mino




最強ですね。



“再結成”とかないかな・・・



クボタさんのやってる“kuh”“popcatcher”の曲やってたらしいんですが。



・・・まあ、無理か。



“popcatcher”・・・。



もともとグッド・メロディーなバンドでしたが、本作では“エモ”とか“ポスト・ロック”的なアプローチが目立ってます。



そんな、緻密さと、遊び心に溢れた傑作。


1stフルアルバムにして、ラストアルバムとか・・・


傑作であるが故に、残念でならないです。



しかし、M-15. ヒグラシとか、ずるいわー。



泣ける。本当に泣ける。




「横浜には良いバンドが多い」っていうのは、勿論自論です。




スポンサーサイト

| popcatcher | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/55-57543027

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。