PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地獄は一定すみかぞかし

フリスクは途中で噛んじゃう方、ksm.です。



今日も今日とて、お寺関係の会議だったわけで。


最近、会議、会議・・・。


あの・・・いえ、愚痴ではないです。与えられた職務を全うしております。


京都からは昨日帰ってきたんですが・・・。


22:30 夜行バスに乗る



6:00 京都駅八条口 着



6:30 なか卯にて朝食



7:00 東本願寺にお参り



8:00 喫茶店にて外国人観光客に囲まれながらも居座る



10:00 ~ 16:00 会議



17:00 新幹線に乗る



21:30 家に帰る


なか卯は京都に行った時は必ずと言っていいほど行きます。



こんなんしてると、別に忙しい自慢がしたいわけではなく、ただ、自分は何がしたいんだ?ってなります・・・。


何がしたいんですかね・・・全く。



話は変わって、梅雨も明けきらない内から夏が来たような天気が続いていましたが。


夏と言えば、やっぱ“ホラー”っしょ!!というわけで。


jigoku.jpg

石井輝男監督の『地獄』。


パッケージ見ていただいたらわかるように、某宗教教団を思わせる関係者達が地獄でその裁きを受ける、っていうお話。

これぞ“カルト・ムービー”、B級ホラー映画の決定版!と言ってしまいたいくらい(笑)

“ブラック”なユーモアというか、そんなノリが好きな人には是非見ていただきたい作品。


監督なりの事件への怒りが表現された映画なんでしょう。

生々しい映像もどこかユーモラスに見えてしまうあたり、やっぱりB級な感じで自分は好きです。



◇◇◇本日のBGM◇◇◇

mudy_on_the_sakuban-300x300.jpg


Zyacalanda // mudy on the 昨晩 (2012)

1.Soft /
2.Zyacalanda
3.エゴ・ダンス
4.PANIC ATTACK
5.終末
6.Hard /
7.ダブル・プゥル
8.常世音楽



個人的にはキャリア最高傑作だと思う最新作。

中でもM-7.ダブル・プゥルが印象的でした。

mudyには珍しいタイプの曲だなーと。

「すごく純粋に音楽を作りました」(フルサワ ヒロカズ)というコメントに最も象徴されるような名曲じゃないでしょうか。


M-4.PANIC ATTACKのmvが公開されていますが、B級ホラー映画を髣髴とさせるビデオでこちらも必見。

監督は、斎藤渉氏。

mudyの他のビデオも撮ってる監督。


mudy on the 昨晩

初めて見たライブがあまりにもカッコよすぎて、それからハマってしまいました。


激オススメです。


120518_news_mudy.jpg

Ba. 朴木 祐貴
Gt. 桐山 良太
Gt. フルサワ ヒロカズ
Dr. 伊藤 浩平
Gt. 森ワティフォ


(残響レコードHPより)
mudy on the 昨晩 3rd mini album『Zyacalanda』発売決定!
もしトリプル・ギターのインスト・バンドが、更にギタリストを入れたら?

初のセルフ・プロデュース作『mudy in squall』を作り上げたmudy on the 昨晩が次の作品を作るにあたり、外部プロデューサーを起用。しかも、それは盟友9mmParabellum Bulletのギタリスト・滝 善充だった!この決定に基づき、彼らはそれまでの素材を一旦放棄し、「バンドの解体」をキーワードに滝と二人三脚で作業を再開した。

そして、生まれたのが『Zyacalanda(ジャカランダ)』である。あくまでmudy onthe 昨晩らしい、アイデアと勢いに満ちた作品でありながら、コード、展開、音像などは明らかにこれまでと異なり、進化したバンドの姿がはっきりと刻まれている。アルバム最速のアグレッシヴなタイトル・チューン“Zyacalanda”、ダンサブルな中にもリズム・チェンジや転調などの遊びが仕掛けられた“エゴ・ダンス”、メンバーのみで制作されたという、混沌とそこからの解放が同居した名曲“PANIC ATTACK”など、聴きどころ満載だ。中でも、滝自身「やったことがなかった」という、陽性かつストレートな“ダブル・プゥル”は、両者の化学反応なしでは生まれ得なかった一曲だと言えるだろう。
「もしトリプル・ギターのインスト・バンドが、更にギタリストを入れたら?」。
そんなコンセプチュアルかつ、メモリアルな全8曲。

「音楽にはいつでも形が無い。感じ方にも形は無い。それが音楽であり、良いも悪いも無い。アメーバのように変形しながら進化するのがバンドで。いつでも柔軟に。アイデアを忘れずに。音楽はコミュニケーション。mudy on the 昨晩はこれからもそうやって音楽を作って行きたいと思っています」(フルサワヒロカズ)




残響のバンドが続いてしまいましたね。

次から気をつけます。


ちなみに今回の表題は『歎異抄』のお言葉でした。



スポンサーサイト

| mudy on the 昨晩 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/44-be4ed20b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。