PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愚の証明

怒涛の様な数日間を何とか乗り切ったものの、灰と化してます。




余計なとこで力が入ってしまうのでしょうな・・・。


「力抜けよ・・・」


どこかの兄貴が言ってた様な、言ってなかった様な。

早く気持ち切り替えたいと思います。



『愚禿(ぐとく)の名告り(なのり)』とは、何だったのか。


iggy.jpg


イギーさん、まじかっけーっす。

おそらく世界で一番男前のボストン・テリア。

スタンドは勿論、ザ・フール(愚者)。



仏教には古来から、独特の時代感というか、歴史の見方があって。

仏滅(ブッダの没)後から、それぞれ、


正法(しょうぼう) ・・・500年。教(教え)と行(正しい行い)と証(さとり)が存在する時代。


像法(ぞうぼう) ・・・500年。教と行はあるが、証がない時代。


末法(まっぽう) ・・・10000年。教はあるが、行と証がない時代。今はココ。


法滅(ほうめつ) ・・・末法後に起こる。仏法の滅ぶ時代。




という思想があります。年数には諸説ありますので、ここでは一般的なもので。

そして、さらに時代が下るにつれて、“五濁増(ごじょくぞう)”、五つの汚れが生じる、と。


劫濁(こうじょく) ・・・時代の汚れ。社会悪。


見濁(けんじょく) ・・・邪悪な思想。見解。


煩悩濁(ぼんのうじょく) ・・・むさぼりやいかり等の精神的悪徳。


衆生濁(しゅじょうじょく) ・・・存在の汚れ。人間の質の低下。


命濁(みょうじょく) ・・・生命の汚れ。人間の寿命が短くなる。




簡単に言えば、ブッダは自らの死後、教えが廃れ、人間が欲望のみで世界を動かす時が来る、と説かれていた訳です。

そこで、そんな末法の世において“救い”とは何か?ということで、“念仏”の教えが開かれていく、と。


法然上人のお言葉ですが、


浄土宗のひとは愚者になりて往生す


愚者が愚者であることを知る、それが“念仏”の教えであり、末法の世に生きる我々の歩むべき道である、ということでしょうね。


もし愚者が自ら愚であると考えれば、すなわち賢者である。
                                        (ブッダ 『ダンマパダ』)


すなわち「名告り」というのは、刻むこと、看板にすること。


親鸞聖人が自ら“愚禿”と名乗っていかれたのは、そんな教えに出会われたため、と言えるのではないか、と。



自分なりに整理してみたら、こんな感じになりました。


やっぱり、現代社会において“教え”というものがどの位置にあるか、というのを確認していくのは大事なことだなと思います。


と言うか、慣れない司会でテンパってましたが、大勢の方に足を運んでいただいてありがたいことです。



◇◇◇本日のBGM◇◇◇


bdap.jpg

FOOL PROOF // the band apart (2001)

1. fool proof
2. disappearing man
3. reminisce
4. siete


粗さがあって、今聴くと逆に新鮮だったりします。


スポンサーサイト

| the band apart | 17:45 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/38-bd0d019c

TRACKBACK

まとめtyaiました【愚の証明】

怒涛の様な数日間を何とか乗り切ったものの、灰と化してます。余計なとこで力が入ってしまうのでしょうな・・・。「力抜けよ・・・」どこかの兄貴が言ってた様な、言ってなかった様...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/27 02:59 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。