PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【浄土真宗の「ほう」の話】世をいとい、念仏もうすこと

往生は心にあり、成仏は身にあり (曽我量深『曽我量深選集』12巻)


また、


浄土へ往生するということは、ここで生きられるようになったということです
(竹中智秀『真実の国創り、ひと育て』)



と言われるように、「往生」において「臨終まつことなし、来迎たのむことなし」(『末燈鈔』)というのが浄土真宗の立場。さらに、


善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。(『歎異抄』)


あるいは、


弥陀の本願には老少善悪のひとをえらばれず。ただ信心を要とすとしるべし。そのゆえは、罪悪深重煩悩熾盛の衆生をたすけんがための願にてまします。しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善のなきゆえに。悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきがゆえに云々(『歎異抄』)


とも説かれています。「造悪無碍」、往生に「悪」は妨げにならない。
所謂、悪人正機ですが、やはり曲解されてしまうことも多かったようです。

そんな人々に向けて、親鸞聖人は以下の様なお手紙を書いています。


<意訳>
何よりも聖教の内容も知らず、また浄土の教えの本当の意味も知らないで、考えられないような勝手気ままな行いをして自らの心に恥じることのない人々に対して、悪い行いを心にまかせてするのがよいなどといっておられるそうですが、それは決してあってはなりません。(中略)

凡夫であるからといって、何でも心にまかせてしてもよいのなら、物を盗んだり、人を殺してもよいのでしょうか。かつて盗みをはたらこうとした人でも、極楽浄土への往生を願って念仏するようにまでなったら、もとの誤った考えをあらためもするはずですが、そのようなすがたも見受けられない人々に、悪は往生のさまたげにならないと説くことは、決してあってはなりません。煩悩に狂わされて、気づかないうちにしてはならないことをし、いってはならないことをいい、思ってはならないことを思ってしまうのです。往生のさまたげにならないからといって、人に対して悪意をもって、してはならないことをし、いってはならないことをいうのなら、それは煩悩に狂わされているということではありません。わざとしてはならないことをするのは、決してあってはならないことです。(中略)

何であっても心にまかせてするのがよいなどといったそうですが、嘆かわしいことです。この世の悪も捨て、嘆かわしい行いもしないようにしてこそ、この迷いの世界を厭い、念仏するということなのです。長年の間念仏している人が、他の人に悪いことをしたり、いったりするのなら、それはこの迷いの世界を厭うすがたではありません。
(『親鸞聖人御消息集』より)



他には、「くすりあればとて、毒をこのむべからず」(『歎異抄』)とも。
とは言え、毒大好きですけどね・・・。

本来の教え、それは「この迷いの世界を厭い、念仏するということ」。
その姿こそ「信心を獲得する」ということ、「往生」していくということなのだと思います。


東本願寺『親鸞に会うことば』(寺川俊昭)によれば、
「信心」とは、「それは第一に、わが身は現に罪の身として、深い迷いの中に生きているものと、はじめてはっきりと知った心である。第二に、その私が本願に生かされて、往生の一道に立ったのである。」と述べられていますし、「悪が妨げにならない」ということについては、「自分を信心において現に罪悪の身と知って、深く懺悔したものにとって、何の善も求めることはない。何の悪も恐れることはない。」とあります。

所詮、私が言う善悪は「自分の価値観」、そんな私が信心を獲得していく、つまり「この迷いの世界を厭い」、「わが身は現に罪の身として、深い迷いの中に生きているものと、はじめてはっきりと知った心」を獲得した時、私が「衆生」として知らされていくのでした。

「浄土宗のひとは愚者になりて往生す」(『末燈鈔』)、これは法然上人のお言葉ですが、やはりこれが「浄土の真宗(教え)」。そして、そのことに頷けた時「念仏もうす」ということが、この私自身を照らしていくのではないでしょうか。



【本日の一曲】



>>【PV】Alaska Jam / モラトリアムコレステロール



ギターはKEYTALK、ドラムはMOP of HEAD。
歌詞も曲も好きです。




スポンサーサイト

| ksm.の小言 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/373-5b085229

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。