PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜に聴きたい!生音×エレクトリックな大人系サウンド!:9dw

本日ご紹介するのは、9dw(ナイン・デイズ・ワンダー)



・・・
1998年~2006年まで活動していたポスト・ロック・バンド「nine days wonder」が、オリジナルメンバーである斉藤健介のソロ・ユニットとなり名義を「9dw」に。
その後、2009年テキサスで開催された"SXSW”への出演がきっかけとなり、NYのWAXPOETICS RECORDSよりアルバム「Self Titled」がワールドワイド・リリースされ、生音を活かしたエレクトリック・フュージョン/ブギーが一躍海外に知れ渡る。
2010年DJ CHIDA主催レーベル・eneと9dw主催、catuneとのタッグで幅広いジャンルのプロデューサーを起用したリミックス・アルバム「rmx」を完成させる他、バンドからDJセットまで柔軟なライブパフォーマンスも展開している。



【本日の一曲】



>>9dw - Farside @ 廃校フェスティバル09



「9dw」名義として2008年にリリースされた1stアルバム『Self Titled』に収録されている曲のライブ・パフォーマンスですが、シンセの音が効いてて非常に心地よいですよね。





>>DJ DUCT & 9dw in BACKYARD Special




>>9dw+DJ DUCT Live Session@BACKYARD SP.



DJ DUCTと共演したイベントでのパフォーマンス。

DE DE MOUSEなんかもそうですけど、このフレキシブルな感じが広い層に指示される所以なんでしょうね。同じ曲でもアレンジが違えば、また別の曲に感じられたり。

ジャズとかフュージョンとか、そっちの方からの影響も感じられますが、この「9dw」の音楽はとにかくミニマム。言ってしまえば「雑身」が無く、「無機質」な印象。

どこか都会のコンクリートジャングルを連想させます。しかも深夜の。








だが、「nine days wonder」時代からのファンにとっては、やはりこちらも捨て難い。





>>nine days wonder - live @ shinjuku anti-knock, japan - aug 31st, 2002.


スポンサーサイト

| 9dw | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/364-c73868b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。