PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都で研修。―前編―

久しぶりに更新。


実は、ちょっと京都に行っておりまして。お寺関係の研修でした。


24日の朝に新潟を出発。バスでの移動。

そして、まず立ち寄ったのが、福井県にある“吉崎御坊”(吉崎別院)という場所。


new_DSC_0243_convert_20140227153521.jpg


この坊舎は1471年(文明3年)に本願寺8代目・蓮如という方が建てたと伝えられています。「なぜ京都でなくこんなところに??」と思われる方もいらっしゃるでしょうけど、これは比叡山の衆徒によって大谷本願寺が破却されてしまったから。

そしてこの場所は古くから「嫁威し肉附面」という伝承が残る地。>>嫁威谷 wiki

以前から一度、訪れてみたいと思っていたのですが今回念願かなって。


new_DSC_0244_convert_20140227153553.jpg


元々、吉崎御坊のあった場所は今は空き地になっていて、その下に大谷派(東)と
本願寺派(西)の別院が建てられておりまして、上の写真の山門をくぐり抜けますと
“吉崎東別院”があります。


new_DSC_0245_convert_20140227153636.jpg


山門をくぐると蓮如上人(蓮師)がお出迎え。

記録によれば、蓮如上人はこの吉崎の地に4年余りいらっしゃったようです。

本堂でお参りを済ませ、境内にある宝物館へ。


new_DSC_0246_convert_20140227153733.jpg


おそらく地元の方が有志で係員を務めているんだろうな・・・って感じの。
非常にアットホームな雰囲気でした。


ところで、

蓮如上人と言えば、本願寺の“中興の祖”として知られる方。>>蓮如 wiki

また、時に非常に厳しい言葉で、僧分、ご門徒を戒められております。

例えば、


“聖教(しょうぎょう)よみの聖教よまずあり。聖教よまずの聖教よみあり。一文字(いちもんじ)もしらぬひとも、人に聖教をよませ、聴聞(ちょうもん)させて、信をとらするは、聖教よまずの聖教よみなり。聖教よめども、真実によみもせず、法義もなきは、聖教よみの聖教よまずなり”(蓮如上人御一代聞書)


・・・など。

これは、今回の京都での研修にも関わることだと思うのですが、自分は“教え”というものに胡坐をかいていなかったのか?ということ。そして、“ひとり”として“ひとり”に出会っているのか?ということ・・・どこまでも“わたし”の事として、向き合ってこれたか?ということを改めて問われた気がします。


なんまんだぶ。




【つづく】

スポンサーサイト

| ksm.の小言 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/344-18acb048

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。