PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

R−中学生

たまには読んだ漫画の感想など。


R-中学生_convert_20140220174649


ゴトウユキコ『R−中学生』(ヤンマガKC)。



“自分で自分の煩悩をコントロールできない悲しい存在だということが、
煩悩具足の身です”(二階堂行邦『念仏に生きるとき』)




ジャンルとしては多分「青春漫画」になるんでしょうな。

これを読んだ男子の大半は「あー、わかるわー笑」ってなるはずです。
1、2巻までは思春期の中学生を描く日常モノって感じですが・・・。
いや、しかし3巻の展開は予想できなかったです。まさかのちょっと良い話。

「人の性癖を・・・そこまで責め立てる必要があるのか?」と作中でも出てきますが、
自分を“解放”する、或いは自分の“ありのまま”を受け入れるということ。

きっと、そのあたりがこの作品のテーマなのかな?と思っています。

個人的には、特に“性”というものについて、勿論“悪い”ことだとは思いませんが、
そこまでオープンにしていいようなものでもない気がします。

「秘め事」って言うかね、あくまで「アンダーグラウンド」であるが故の素晴らしさということも確かに存在するんじゃないかと。

結構好きな雰囲気の漫画でした。

  



作者であるゴトウユキコは日本のバンド好きなんだろうなー、っていうのが
分かりますよね。作中で探してみるのも結構面白いですよ。



【本日の一曲】



>>後藤まりこ 『あたしの衝動』



元・ミドリ後藤まりこのソロ。

スポンサーサイト

| ksm.の小言 | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/342-419e914d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。