PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連休?なにそれ?おいしいの?

何だか最近、よく夢を見ます。
中身は・・・自分の日常の延長みたいで、妙にリアル。
本当に“夢がない”夢・・・。
どうせ見るなら、もっと荒唐無稽で、テンション上がるような夢がいいです・・・。
やはり“師走”だからでしょうか?

さて、連休も最終日。
そうは言っても、この時期お寺も何かと慌しい。

11月末から始まった恒例の“回壇”(かいだん)もいよいよ大詰め。
“回す”に“壇”で“回壇”。
もしかしたら、新潟県独特の風習、仏事なのかも知れませんが。

要するに普段、月参りに行ってないようなご門徒さんのお宅にお参りに行く、という。
昔は、一軒のお宅が“宿”(会場の当番)をして、そこに村中の方が集まってくるという形だったらしいです。今はなかなかそれは難しいでしょうけどね。

まあ、そんなわけで今年もあちこち回らせて頂きました。
久しぶりにお会いするような方もいて、ついつい長居してしまいます(笑)

そうやってお話させていただいていて、まず思い出すのはそのお宅の亡くなった方のこと。生後まもなく亡くなってしまった子どもさんがいるお宅、あるいは100歳近くで亡くなった方のいるお宅。実に多様です(当たり前ですが・・・)

ですが、自分が思うことは前者も後者も当然“いのち”の尊さは等しいということ。
そりゃ、小さいお子さんを亡くされた方は本当に気の毒だと思います。声を掛けたくても何を言っていいのかわからない、そんな経験も多々あります。

では、歳を取っていたらいいのか、と言えばそんなことはなく。
家族の方が「大往生でした」って言うのと、自分みたいな他人がそう言うのとじゃ意味合いが全然違うでしょ。だって。

当事者にとって「身近な方を亡くした」っていう事実は変わらないわけですし。
「大往生」ってのが、ある種“決まり文句”みたいになってる部分はあるでしょうけど、
出来るだけ意識してそういうことは言わないようにしてます。ハイ。



話は変わりますが、12月20日~22日の三日間、地元長岡では、
アオーレ長岡を会場に『ソニックフェスティバル2013』が開催されました。

自分は初日だけ。しかも、お通夜の為にヘッドライナーしか見れず・・・。

Charisma. com見たかったなー。客席でみかけたMCのいつかさん。
小さくてめっちゃ可愛かったです。


【本日の一曲】



>>DE DE MOUSE / milkyway planet



20日のトリを務めた“DE DE MOUSE”(デ・デ・マウス)。
しかもこの日は映像作家の山口崇司氏と共に。

かっこよかったー。ライブ後にお2人と記念撮影してもらいました♪(笑)

スポンサーサイト

| ksm.の小言 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/319-d882c3e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。