PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

びしょ濡れのお札の悲しみ

生のみが我等にあらず。死も亦た我等なり。我等は生死を並有するものなり。


                                         (清澤 満之『精神主義』)


紛れもなく、この身の事実。


しかしながら、敢えてこれを言葉にしなくてはならないところに人間の本質があると思うんですけど、如何でしょうか?



そんなことを考えると、いつも思い出すのですが、


4062035154.jpg


死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。


・・・
言葉にしてしまうと平凡だが、そのときの僕はそれを言葉としてではなく、ひとつの空気のかたまりとして身のうちに感じたのだ。文鎮の中にも、ビリヤード台の上に並んだ赤と白の四個のボールの中にも死は存在していた。そして我々はそれをまるで細かいちりみたいに肺の中に吸い込みながら生きているのだ。
そのときまで僕は死というものを完全に生から分離した独立的な存在として捉えていた。つまり<死はいつか確実に我々をその手に捉える。しかし逆に言えば死が我々を捉えるその日まで、我々は死に捉えられることはないのだ>と。それは僕には至極まともで論理的な考え方であるように思えた。生はこちら側にあり、死は向う側にある。僕はこちら側にいて、向う側にはいない。
しかしキズキの死んだ夜を境にして、僕にはもうそんな風に単純に死を(そして生を)捉えることができなくなってしまった。死は生の対極存在なんかではない。死は僕という存在の中に本来的に既に含まれているのだし、その事実はどれだけ努力しても忘れ去ることのできるものではないのだ。あの十七歳の五月の夜にキズキを捉えた死は、そのとき同時に僕を捉えていたからだ。


                                    (村上 春樹『ノルウェイの森』上)



それを教えてくれるのは、身近な方の死ということなんでしょうか・・・。


とは言え、目を背けてはいけないことなんだろうと思います。



経教はこれをたとうるに、鏡のごとし。しばしば読み、しばしば尋ぬれば、智慧開発す。

                                                (善導大師)


一生かけても尋ねきれないものかもしれません。



◇◇◇本日のBGM◇◇◇


kamomekamome.jpg

st // kamomekamome (2005)

1. ハミングエンバーミング
2. 病棟駆ける息
3. くくりケ丘
4. あの人のパレード
5. コピーアンドペースト
6. 秘密のテープ
7. 本当の名前
8. 巻き戻らない舌 (a.よそ行きの言葉 (b.決して近寄ったらいけないよ (c.その後の食卓
9. 新・神のご加護
10. スーツデリケイト



超絶テク。やばい。

“生と死”がテーマなのかな?なんて。


(CD帯より抜粋)
奇跡のロックバンド カモメカモメ

柏シティ・ハードコア(K.C.H.C)の代表格ヌンチャクの元ヴォーカリスト向とbuddhistsonのドラマーでもあり、OCEANLANEでもヘルプでドラマーを務める嶌田が中心となって2002年に結成した柏出身の5人編成バンドの1stフルアルバム!カオティック/エモ/プログレッシブいやそれ以外の様々な音楽が融合したオリジナルなヘヴィ・サウンドは、聴く者を混沌としたkamomekamomeワールドへと誘ってくれるだろう!向の歌詞も健在だ!ピアノの旋律を彷彿とさせる繊細なリフワークと変拍子を多用したそのサウンドも一聴の価値あり。今年後半の要注目作品が遂にリリース!!


↓( ゚∀゚)o彡°ケイオス! ケイオス!

psyco7.jpg

多重人格探偵サイコ(7巻) // 田島昭宇×大塚英志


「ギリギリってるのが大好きなんだよ」

「生きるの死ぬの・・・生と死がカオスってる場所がな・・・」


( ゚∀゚)o彡°ケイオス! ケイオス!

スポンサーサイト

| kamomekamome | 17:53 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/28-df724acc

TRACKBACK

まとめtyaiました【びしょ濡れのお札の悲しみ】

生のみが我等にあらず。死も亦た我等なり。我等は生死を並有するものなり。                                         (清澤 満之『精神

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/11 00:56 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。