PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親鸞ルネサンス

『第43回親鸞公開講座』、大勢の方にお出でいただきました。
ありがとうございました。




講師は経済学者で東京大学東洋文化研究所教授の安冨歩(やすとみ あゆむ)氏。

講題は著書のタイトルにもなっている『親鸞ルネサンス』・・・






そして副題が「~方便の衝撃~」ということで。

『歎異抄』のお言葉に、


弥陀(みだ)の五劫思惟(ごこうしゆい)の願(がん)をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞一人(しんらんいちにん)がためなりけり。
([意訳]すべての人を平等にたすけようと誓われた、阿弥陀如来の本願のお心をよくよく尋ねますと、それはひとえにこの親鸞一人をたすけようとのお心でありました。)



というものがありますが、そこを手がかりに安冨氏は、

“方便的個人主義”

という論を展開していらっしゃいます。

これは「方法論的個人主義」をもじったものなのだそう。

つまり、

自分に起こりうる全ての事象を「方便」(=手だて)として自分を変えていこう

というもの。


例として「マーケティング」と「イノベーション」ということも仰ってました。

流石は経済学者って感じですよね(笑)


他者との関係性(縁)、それこそが「自分の世界」。

そして「自分が“今”ここにいる」ということ、それを成り立たせている「自分の世界史」。

その小さくも壮大な「縁」の世界で巻き起こることは全て自分の為の「方便」である、と。

私一人(いちにん)。


それらが自分にとって如何にかけがえの無いものだったのか・・・。

改めて見つめ直す貴重なご縁を頂戴出来ました。



最後はこの曲。



>>髭(HiGE)/D.I.Y.H.i.G.E. 【PV】



ルネッサ~ンス⇒髭男爵⇒・・・ということで(苦笑)

しょうもない終わり方で申し訳ない。。。

スポンサーサイト

| ksm.の小言 | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/231-49dad6de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。