PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オススメ洋楽】夜行性の電子遊戯【silences sumire】

最近、急に気温が上がっちゃって・・・。

この間までまだ冬物だった気がするのに。皆様もくれぐれも風邪にはご注意を。




>>Silences Sumire: Afterglowdust



エレクトロニカ~アンビエント系のアーティストを聴きまくってた時代が自分にも・・・。

ということで、今回は“silences sumire”






シカゴ出身のthomas fauldsとcharles gorczynskiによるユニット。


▼silences sumire
silences-sumire_convert_20130515160625.jpg


思いっきりブレちゃってますけど(笑)

何でもこの2人、以前はジャズを演奏していたそうで。

そこからの電子音楽ですからね。ある意味“異色”ですよね。



【オススメ盤☆】

return-is-selective.jpg


silences sumire 『return is selective』(2008)

1. Gaussion Juice
2. Paradolia
3. Some People Suffer Silently
4. With Every Fire
5. Root Book
6. Afterglowdust
7. Vanishing Yard
8. Walk
9. The Mental Environment
10. Riddles
11. Strongsender
12. Resignation





前述の通り、ジャズをプレイしていたという2人。

トランペットやクラリネット・・・生楽器を多用しているのも本作の特徴のひとつでしょう。

ところどころ“ジャズっぽさ”もありますし。

緻密に組み上げられたトラックに、ルーズな生楽器の演奏が乗っかって・・・。

ボーカル入りの曲もありますが、歌声すら楽器の一部であるように感じる程。

ジャズで培われた即興性、そして高い表現力。とにかくハイレベルな一枚。

どちらかと言えば、夜に聴くことをオススメします!






と、話は変わりますが、境内でこんなの見つけました。


DSC_0218_convert_20130515160731.jpg


車庫の壁の隙間から。

どんな場所でも花を咲かせることは出来るんですよね。

少し和みました。


そこはスミレじゃねーのかよ!!


・・・ってのは、言わないで下さい。

スポンサーサイト

| silences sumire | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/223-8e1636a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。