PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オススメ洋楽】ハンター×ハンター×ハンター【Deerhunter】

何かジワジワくるんですよね、これ。




>>Deerhunter "Agoraphobia"


今回も掴みどころの無いようなバンドですが、“Deerhunter”(ディアハンター)。






2001年に結成された、米ジョージア州アトランタ出身のバンド。


deerhunter_boweryballroom_convert_20130115162637.jpg

このワンピース姿でライブ・パフォーマンスをしている人こそ、ブラッドフォード・コックス(ヴォーカル/ギター)、その人なのであります。


まさに“異端”。


そんなバンドの知名度をグイっと押し上げたのが、こちらの作品ではないでしょうか。



Deerhunter-Microcastle_convert_20130115162600.jpg

Deerhunter 『Microcastle』(2008)

1.Cover Me (Slowly)
2.Agoraphobia
3.Never Stops
4.Little Kids
5.Microcastle
6.Calvary Scars
7.Green Jacket
8.Activa
9.Nothing Ever Happened
10.Saved by Old Times
11.Neither of Us, Uncertainly
12.Twilight at Carbon Lake




【感想】

ジャケットだけ見ると正直、手に取りづらい感はあります・・・。

尚、この3rdアルバムにはボーナス・ディスクとして『Weird Era Cont.』(13曲入り!)が付いております。


とにかく歌詞が暗い。

それには、ブラッドフォードがマルファン症候群という難病を患っていることが少なからず影響しているのでしょうが・・・。

アルバムを通して、人間の持つ孤独感や閉塞感といったテーマで書かれているものが多いように感じました。(アルバム・タイトルの『Microcastle』=「小さいお城」もそんなところから名づけられたのでしょうか?)

それでも本作が多くのリスナーの心を掴んでしまうのは、皆“根っこ”の部分では大なり小なり同じような事を感じ生きているからなのでしょうね。

勿論、ブラッドフォード本人がそんな事を考え曲を書いているとは思えませんが(笑)

きっと日記を付けるような感覚で書いたんだろうなー。



何つーか弱さも自分、ですもんね。





そしてこれも弱さ。

DSC_0201_convert_20130113182516.jpg

『HUNTER×HUNTER』0巻。ゲット出来ました!

しかし上手いこと乗せられている気がします・・・。


というわけで、



【今日の一言】

>>
持てば
持つほど
孤独に感じるだけ
(Deerhunter「M-11.Neither of Us, Uncertainly」)



物質的な豊かさ=精神的な豊かさでは無いことは分かってはいるんですが・・・。

欲しくなるのは人間だから。




※尚、Deerhunterの3rd『Microcastle』、ボーナス・ディスク『Weird Era Cont.』はどちらも「秋に聴いてもらうべく作ったもの」とのこと。時期はずれですみませぬ。

スポンサーサイト

| Deerhunter | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/172-5af13b63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。