PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さめない夢なのか、さめてからが夢なのか

今日は、今月にある「報恩講」(※1)に先立っての「おみがき」(※2)の日でした。

あの仏具を磨いてピカピカになった時の達成感・・・。たまらんです。

しかしながら今回は諸事情により参加出来ず。残念。


というわけで、今回は真面目にCD紹介やります。※あくまで個人の感想です。

こちら。




>>Minus the Bear - Steel and Blood MV


演奏シーンは一切無し。まるで映画かドラマの様なミュージック・ビデオですね。




シアトルのバンド“MINUS THE BEAR”(マイナス・ザ・ベアー)―

本国アメリカでは結構知名度もあるようなんですが、日本では・・・。

非常に素晴らしいバンドだと思うんですけどね。


ところで、毎度毎度こういったバンドばかりをブログにて紹介している訳ですが・・・。
自分自身、別に意識して“マイナー”なバンドを選んでいるのではなくて、普段聴いているバンドを取り上げるとこんなことになるので・・・。

にも関わらず、皆様から訪問、拍手&コメント頂戴しまして、本当に嬉しい限りです。

今後も、どうか生温かい目で見守ってやってください(笑)


さて、このビデオの曲が収録されている5thアルバム『INFINITY OVERHEAD』

傑作。これも間違いなく個人的な「2012ベスト・アルバム」ノミネート作品です。


それでは、バンドのプロフィールを簡単に。

▼MINUS THE BEAR
minus-the-bear173568_large.jpg

Jake Snider – guitar, lead vocals
Dave Knudson – guitar
Cory Murchy – bass
Erin Tate – drums
Alex Rose – keyboards, backing vocals



2001年、Botch、Kill Sadie、Sharks Keep Movingのメンバーによって結成。

2006年、初期のメンバーであったMatt Bayles(keyboards)がバンドを脱退。

彼はプロデューサーとして活動を始める。その後、Alex Roseが加入。


2012年、約2年ぶり通算五枚目となるアルバム『INFINITY OVERHEAD』をリリース。


220px_MinusTheBearInfinityOverhead_300x300.jpg

MINUS THE BEAR _ 『INFINITY OVERHEAD』

1.Steel and Blood
2.Lies and Eyes
3.Diamond Lightning
4.Toska
5.Listing
6.Heaven Is a Ghost Town
7.Empty Party Rooms
8.Zeroes
9.Lonely Gun
10.Cold Company




本作は再びプロデューサーに元メンバーのMatt Baylesを迎えて製作されました。

そのせいもあってか、前作『Omni』が比較的“ポップ”な作品だったのに対して、本作はそれ以前のバンドの音に戻った感じがします。

ハードコアをベースに、ポスト・ロックやニュー・ウェーブの要素をプラス。

未来的で無機質、どこか“冷たい”感触のある曲。

初期の方から聴いている自分にとっては「帰ってきた」感があります。

とは言え、このバンドも最早ベテラン・バンド。流石の貫禄。

USインディーの重要バンドのひとつではないでしょうか。


満足度:☆☆☆☆★



今回のジャケットのアート・ワークもかなり好きです。



※1ほうおんこう・・・親鸞聖人の御命日の法要。
※2 本堂にある真鍮の道具を薬剤なんかを使って磨くお寺の行事。
スポンサーサイト

| MINUS THE BEAR | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/142-ec2a9896

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。