PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホフディラン“ホフディラン”

4eb371e10b896c6afa4bbaca550a67661ea7173f_m.jpg

>>ホフディラン「欲望」


ずっとずっと好きな曲です。思い出の曲。

ホフディラン・・・






>>yeah 僕らを動かすものを
oh 全てを欲しがる僕を


▼ホフディラン
main_r1_c2.jpg


渡辺慎小宮山雄飛のふたつの個性。

自らのバンド名を冠した3rdアルバム『ホフディラン』。間違いなく名作。





話は変わりますが、最近出会った文章。



「真宗にとって供養とは?」


宗教の形でいえば、供養ほど、私たちの身近なものはないでしょう。法事・法要にお墓参り、先祖供養に水子供養、さらには針供養に人形供養、全部ひっくるめて供養という名で、私たちの宗教的行為が語られています。

それだけではなく、若い人たちまでもがテレビの影響なのでしょうか。心霊写真などと称した霊のたたりに恐怖して、「供養してもらわないと」と思わず口に出す今日このごろの状態です。

一体全体、供養とは何でしょうか。もともと供養とは、「食物や衣服を仏法僧の三宝に供給する」ことを意味しています。決して、亡くなった人から祟られたりすることのないようにと願って供養するなどということはないのです。

それがいつの間にか、供養が祟りと災いから、自分の身を守るための道具にされてきたのです。それは、私たち自身が仏教を利用して自分の欲望を満足させようとしてきた結果であります。

供養は、仏さまの大いなる世界を私がいただいたことの表現です。それが、死者を供養しないと私が祟られる、私に災いが起こる、だから供養しなければならないと、供養が自分の欲望を満足させる道具になっていることが問題なのです。

そうではなくて、供養とは、「仏法僧の三宝」として現されている真実の世界に対してなされるものです。本当に尊敬されるべき世界、本当に大切にされるべき世界を見いだすことです。それは自分を中心にして生きているものが、自他平等のいのちを現す仏さまの世界に、われもひとも共に生きることのできる世界を見いだすことです。その感動が供養の形をとるのです。




うんうん。

同朋大学教授の尾畑文正さんという方のお書きになったもの。



知って欲しい。「お寺さんなんだから」と言っていただけるのは本当にありがたい。

だけど、「本当に尊い」ものって何なんでしょう?







もう一曲おすすめを。

>>ホフディラン「極楽はどこだ」



やっぱり雄飛ボーカルの曲の方が好きなksm.です(笑)



>>願いがやっと 叶えばきっと すぐ又願う

思いは一瞬 思えば一生 ぶらりと進め

キレイな様に 汚れた様に 僕らは染まり

手紙をそっと 預けてやっと 木陰で眠る




そう言えば、サポートを務めるキタダマキ(b)は元syrup16gだったことをすっかり失念しておりました。


hellsee.jpg

>>syrup16g「Hell-see」


へる氏ー。リイシュー盤が出ております。







Kくん>結婚おめでとう。疲れているにもかかわらず遅くまで付き合ってくれてありがとう。
   今度またフットサルで。







最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

| ホフディラン | 18:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ううおおおw

名曲(。・ω・。)w

聴いていて本当に感動して、落ち着くメロディですよね~www

まったり出来ていいですねw

ホント幅広いwww

| 翡翠(´・ω・`) | 2012/10/22 13:24 | URI |

Re: タイトルなし

翡翠(´・ω・`) さん>ホフの「欲望」は名曲ですよねー♪

聴いていて思わずホロリ、と・・・。

>>ホント幅広いwww

いやいや、「幅広い」というか、「広く浅い」だけが取柄の男ですから(笑)

| ksm.@てらぱ! | 2012/10/22 18:45 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nagaokaterapa.blog.fc2.com/tb.php/117-f10df185

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。