2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仏教、音楽、であい【てらぱ!vol.4】

お待たせしました!!

【10/20 フライヤー完成!!】

terapaA5_convert_20131020211121.jpg

「芸術の秋」ってことで、自筆のイラスト(注:自画像ではありません。)




【10/3 追加情報!!】


2013/11/30(sat)

~“仏教”“音楽”“であい”の宴~
てらぱ!vol.4

open 18:30 start 19:00

at.音楽食堂
〒940-0062 新潟県長岡市大手通り1-4-13安栄館ビル地下1F
TEL:0258-32-9336

参加費:男性4,500円、女性3,500円
(2H飲み放題、フード付き、ワークショップ込み)

※男性の参加費値下げしました。


▽ワークショップ

消しゴムはんこのお坊さん
麻田弘潤(諸行無常ズ)


弘潤くん_convert_20131003181845


【11/1 ゲストDJ発表!!】

▽DJ

manabu

蜀咏悄+(1)_convert_20131101172653

mika

mika_convert_20131107181132.jpg



dk
ksm.


今回はゲストDJとして「vol.1」以来となるmanabuさんとmikaさんが登場!!
これは素敵な夜になること必至!!酔いしれて下さい!!



当日は、19:00~ワークショップ、終了後DJ&飲み放題(2時間)スタートです!!


参加ご希望の方は、氏名(代表者)、参加人数
bose_of_canata@yahoo.co.jpまでお知らせ下さい。

当ブログのメールフォームからでもOKです。

予定人数に達し次第、お申し込みを締め切らせて頂く場合が御座います。
ご了承下さい。



10/22 テレビ新潟『新潟一番』様にて『てらぱ!』をご紹介頂きました!!

securedownload.jpg

誠にありがとうございました!!


≫ Read More

スポンサーサイト

| てらぱ! | 20:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セラピストと僧侶の違い??

たまには読書でもしてみようかしら、ということで本屋さんへ。


特にお目当ての一冊があるわけでもなく、物色。

そしたら、割と目立つ場所に平積みにされている本を発見!!
何となく手を伸ばす・・・。

そのタイトルが『あした死ぬかもよ?―人生最後の日に笑って死ねる27の質問』
タイトルのインパクトが強烈だったのと、どうやら売れてるらしいので今回はこれを購入。

普段あまり所謂「啓発本」のようなものは読まないですが、「ま、いっか」って感じで。




とりあえず自分なりにここに書かれていることをまとめると、こんな感じ。


「人間はいつか死ぬ。そして、それを受け止めた時に、本当に自分がしたいことが見えてくる。あとはそれを実践すれば、きっと今よりも素晴らしい人生が“あなた”を待っている」―と。


ふむふむ。確かにそりゃそうでしょうけど・・・。
人生の目標を持つことは素晴らしいことですが、そんな簡単に「本当に自分がしたいこと」なんて見えてくるものでしょうか?しかも、それで成功してる人なんてほんの一握りでしょうし。仮に成功したとしても、それでは満足出来ないのも人間なのではないでしょうか?

それが欲望だし、全ては煩悩の所為ですから。

「どう死ぬかとは、どう生きるかということです。そして、どう生きるかとは、
どう、ありのままの自分を受け入れるか、そこが出発点だと僕は思っています。」


・・・というところなんかは頷けるのですが。
寧ろ、「これで自分は大丈夫」と自分を型に入れてしまうことの方が問題なのでは?


すみません。何か凄い僻んでるっぽいですね(笑)



人間は愚者にまで成長するときに、往生の道をたしかに歩める
宮城 顗



ここで言う「愚者」とは勿論、個人の教養の有無とか、賢愚のことではありません。
欲望にとらわれて自分を見失ったり、自分にとって都合の悪いものを排除したりしようとして、他者を傷つけてしまうような愚かさのこと。
「愚者にまで成長する」とは、自己弁護したり、正当化したり、自分自身の本当の姿から目を背けない生き方、そういう“まこと”に生きる者になるということではないでしょうか。

また、「往生」と言っても「浄土へ往生するということは、ここで生きられるようになったということです(竹中智秀)」と言われるように、「ここ」で、紛れも無い現実の中で「地に足をつける」ような生き方を獲得するということでしょう。


だから、自分はもし人生最後の日を迎える自分にメッセージを贈れるとすれば
こう言いたい―


「お前はまだ悩んでいるか?」―と。





>>group_inou / THERAPY



以上です。


| ksm.の小言 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金色グラフティー

お寺の毎年の恒例行事「おみがき」

new_DSC_0216_convert_20131122201619.jpg

よーするに仏具磨きですね。

ご近所の方からもお手伝いして頂き、談笑しながらの作業。
この雰囲気大好きです。

んで、終わったら皆でおでんを食す。
これも恒例。

これで無事、今年も「報恩講」(親鸞聖人のご命日の法要)を迎えられそうです。
皆さん、ありがとうございました♪


おまけ↓

new_DSC_0217_convert_20131122201655.jpg




さて。来週30日は『てらぱ!vol.4』

御席の方も残りわずかとなっております。お早めに。

お申込の方から結構ご質問いただいてますが、既婚者でも参加OKです!!
“であい”をコンセプトに掲げておりますが、婚活ではありませんので(笑)


ということで、本日はこちらの曲でお別れです。




>>金色グラフティー / ROTTENGRAFFTY


| ksm.の小言 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時が止まるほど美しい【NIRGILIS】

『てらぱ!vol.4』まで、あと10日程。

そろそろ本気で練習しないとヤバイかも・・・。


【本日のオススメ】
rgb_convert_20131120210101.jpg

NIRGILIS 『RGB』(2009)

1. Brand New Day
2. kiseki
3. BROKEN PIECE
4. Rainy Day
5. SAY
6. CAT FIGHT
7. 恋のレジスタンス
8. チックチックチック
9. kill the star
10. SNOW KISS
11. ストロベリーキス
12. アップデート




アニメ経由で「知ってる」という方も少なくないであろう“NIRGILIS(ニルギリス)”
個人的にはもっと評価されてもいいんじゃね?と思うのです。

バンドメンバーも4人から3人になっての通算4枚目のアルバム『RGB』
「Brand New Day」、「kiseki」、「チックチックチック」、「SNOW KISS」、「アップデート」と5枚のシングル曲を含むアルバムということもあり、内容はとても濃い。

特に10曲目「SNOW KISS」(テレビ東京系アニメ「D.Gray-man」エンディングテーマ)はこの季節になると聴きたくなります。

ですが、アルバムを通して聴くと6曲目「CAT FIGHT」の歌詞のインパクトが・・・
注:一人の男に二股かけられてた女子2名が「この泥棒猫め!!」と最初は喧嘩するものの、最終的には意気投合、共闘してその彼にツープラトンブレーンバスターをかますという曲・・・(((((( ;゚Д゚)))))

くわばら、くわばら。





今回紹介したアルバムとは関係ないですけど・・・




>>Walküre(ワルキューレ)/ニルギリス



こういうビデオは見ていて楽しいですね。



▼NIRGILIS
nirgilis_convert_20131120210037.jpg
栗原稔/岩田アッチュ/稲寺佑紀

NIRGILIS OFFICIAL WEBSITE>>http://nirgilis.com/


| NIRGILIS | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恩に学ぶ

大迫、半端ないってー。





昨日のサッカー日本代表のオランダ戦の大迫選手は半端なかった、と思う。
柿谷選手も是非、次のベルギー戦で結果を出して欲しいものであります。

そして、オランダのロッベン選手の年齢・・・。
29って、俺より年下なんすよね。。いつ見ても俄かに信じがたいです。



さて、相変わらず体調は思わしくありませんが、
いってきましたよ報恩講(親鸞聖人のご命日の法要)。

母の実家のお寺。しかも今回はお話の講師をお願いされているという・・・。


new_DSC_0215_convert_20131117210621.jpg


なかなか雰囲気のある山門。奥にチラッと写ってるのが本堂ですね。
ウチのお寺の本堂と同様に鉄筋造であります。
そしてご覧の通りの快晴。この時、何気に私緊張しております(笑)


new_DSC_0214_convert_20131117210700.jpg


こちら。今年修復されたというお寺の鐘楼堂。
いやー、見事っすね。
お昼から「梵鐘の突き初め」が催され、私もご門徒さんの鳴らす鐘の音に
しばし耳を傾けていました。(やはり緊張しながら)



んで、肝心のお話なんですが・・・。
時間配分ミスりました。。最後何だか駆け足になってしまい・・・。
結局、用語の解説に時間を割きすぎたのが今回の失敗ですかね。

いやいや。いい勉強させてもらいました!!


ということで、今回は報“恩”講にちなんで。




>>MOROHA「恩学」MV





しのぶもじずり さん>コメントありがとうございます。
「イケメン僧侶」流行ってるみたいですね・・・。自分とは全く別次元での話ですけど(苦笑)
ただ、いつも「てらぱ!」に来てくれてた私の知り合いのお坊さんなんですが、すっかり他の来場者の方の中で「イケメン僧侶」で定着してるということを最近知りました。


| ksm.の小言 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「絵師100人展」行って来た。

現在、新潟市マンガ・アニメ情報館で開催中の「絵師100人展」。


絵師100人展_convert_20131115163730
>>http://museum.nmam.jp/eshi100/


これは2011~2013年に秋葉原で開催されたものの「新潟篇」ということで。
ひとつのテーマにそった、有名絵師100人の作品が会場ところ狭しと展示されていました。

一人で行って来たんですけど、まあ美少女だらけで何か照れました(笑)

自分は絵師さんはあまり詳しくなくて、蒼樹うめ先生くらいしかわかりませんでしたが、
それでも「日本」をテーマにした個性豊かな作品群で大満足でした。

んで、ふと思ったんですけど・・・。
「神社」とか「巫女さん」とかはよくこういった作品のモチーフになってますが、
「お寺」とか「女性僧侶」ってまず無いですよね・・・。

「お寺萌え」みたいなのもあってもいいと思うんですがね(笑)

いつかお寺を会場に「“お寺”דポップカルチャー”」みたいなイベントもしてみたい。
そんなことを一人考えながら、ニヤニヤしておりました。

新潟もこうして自治体として「アニメ」とか「マンガ」をクローズアップしてるわけですし、
いいと思うんですけどね。「“お寺”と“萌え”の融合」とか。

そういうイベントやってるとかあまり聞きませんし。意外と狙い目なのかも・・・。


なーんて。只の妄想なのでした。




>>livetune adding Fukase(from SEKAI NO OWARI)「Take Your Way」Music Video



うー。風邪がなかなか治りませぬ。
今週末は親戚のお寺にお話に行かないといかんのに・・・。

困った。。。

| ksm.の小言 | 17:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨は夜更け過ぎに【Tegan and Sara】

「寒い」と思ったら、雪・・・。

本日、タイヤ交換を終え、準備万端。
かかってこい、雪。


ということで、本日もksm.のオススメする一枚をご紹介しますよー。
はい、こちら。




>>Tegan and Sara - Alligator [Official Music Video]


カナダ、ケベック出身の双子姉妹ユニット“Tegan and Sara”


【本日のオススメ】

tegan-and-sara-sainthood_convert_20131112161701.jpg

Tegan and Sara 『Sainthood』(2009)

1. Arrow
2. Don't Rush
3. Hell
4. On Directing
5. Red Belt
6. The Cure
7. Northshore
8. Night Watch
9. Alligator
10. Paperback Head
11. The Ocean
12. Sentimental Tune
13. Someday



通算6枚目のアルバム。カナダ国内においてはなかなかの高評価を得たようですね。
こういうのを「インディー・ロック」とかって言うんでしょうけど、内容は非常にバラエティーに富んでいて、尚且つ聴き易い。
シンセの音が良いアクセントになっていて、双子の姉妹の歌声もキュート。
これ、いいっすよー。






>>Tegan and Sara 'Alligator' - Passion Pit Remix


上記アルバムには収録されていませんが、この“Passion Pit”のリミックスも素敵。




さて、気がつけば『てらぱ!vol.4』まで20日を切った訳で。
お申し込み頂いた皆様、誠にありがとうございます。
まだ定員には若干の余裕がありますので、「参加してみたい!」という方、お早めに。
個人での参加は勿論、初めての方も大歓迎です!!
11月30日(土)は皆で盛り上がりましょう!!!


そして、今回どういう訳か、女性の申込が多い。
いつもは大体男性、女性が6対4くらいなのですが・・・。
弘潤くんの消しゴムはんこのお陰なのか??

まあ、いずれにせよ。皆様のご参加お待ちしております!!!

| Tegan and Sara | 17:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝!!!

このたび、


new_DSC_0218_convert_20131110172342.jpg


皆様の日頃のご愛顧に感謝。
これからも頑張っていきたいと思いますので、応援宜しくお願いします!!

ということで。

特に何もネタが思い浮かばないのですが(笑)

最近よく聴いてるCD【3枚】


・・・

≫ Read More

| ksm.の小言 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猛省なう【KANA-BOON】

そして、風邪をひきました。

自分の何気ない一言が、誰かを傷つけたり、不快にさせたりする。
本当、「いい歳して何やってんだ、俺は」って感じです。

「傷つけるつもりはなかった」なんて今更言えないですし。
まさに、「後悔先に立たず」であります。

自分にとって、「誰かの為に」とかってことが単なるエゴでしかないことは
承知していたはずが・・・。

まーた、やっちまいましたorz




>>KANA-BOON 『1.2. step to you』


さて、
大阪府堺市出身“KANA-BOON”の1stフル『DOPPEL』のオープニングナンバー。

この曲の歌詞にやられてしまいました・・・。

「夕日が沈み、あと何十分/シンクロしてる今、この瞬間/同じ空間、同じ空気を吸って生きていたかった/今はもう居ぬ君を思い出す/思い出せない事が増えていく/
遠吠えする犬と同じように/夜をめがけワンワンと泣くんだ」(歌詞より抜粋)

文章にしてしまうと「うわー、こいつ女々しいな」って感じになると思いますが、
曲になって、メロディーがつくと、むしろこれは「懺悔」なのではないか、と感じます。

てか、そうであって欲しい(願望)
そうでなければ、voの谷口鮪、かなりの曲者。いや、曲者であるとは思いますが(笑)

ビデオの方も、「ないものねだり」と見比べてみると結構面白いです。
所謂“アンサーソング”的な?だから噴水の前で歌ってる向きが違うのかな?とか・・・。


ということで、アルバム『DOPPEL』の感想等々。

・・・

≫ Read More

| KANA-BOON | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今夜は月が綺麗ですね【L.E.D.】

かの夏目漱石が英語教師をしていたとき、生徒が"I love you"を「我君を愛す」と訳したのを聞き、「日本人はそんなことを言わない。月が綺麗ですね、とでもしておきなさい」と言ったという逸話はあまりにも有名。
何かいいですよね。こういう感性。
自分もこういう事をサラッと言えるような人に憧れます。
二葉亭四迷は「私、死んでもいいわ」って訳したんでしたっけ?

まあ、とにかく。一度で良いから言ってみたい台詞。
多分ドン引きされるでしょうけど(笑)

てか、こんな事ばっかり書いてると、他のスタッフから
「お前、頭大丈夫か?www」とか言われそうなんで、曲の方いきます。




>>【PV】L.E.D. − I'll feat 原田郁子(Full Version)


“L.E.D.”の2nd『elementum』収録のゲストに原田郁子(クラムボン)を迎えた一曲。

やべー。癒されるー。


・・・

≫ Read More

| L.E.D. | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

想いのカタチ

11月1日、ちょっと間が空いてしまいましたが行ってきました。↓



photo3.jpg



ダウン症の書家として注目を集めている金澤翔子さん。
大河ドラマ『平清盛』の題字を担当したことでも知られています。
そんな金沢さんの席上揮毫(揮毫パフォーマンス)と、母・泰子さんの講演会。


開始時刻前に会場である三条別院に到着するも、すでに本堂には人だかりが・・・

開式の挨拶と、来賓の紹介の後、さっそく金澤翔子さんのパフォーマンスがスタート。


DSC_0211_convert_20131103161151.jpg


すいません。。写真が上手く撮れていません・・・。

自分自身、こういったパフォーマンスを生で見るのは初めてでして。
小さい体からは想像出来ないダイナミックな筆運び。
しばし、見入ってしまいました。


んで、完成したのがコチラ。


DSC_0213_convert_20131103161225.jpg


「慈愛」。

紙からはみ出しちゃってるもんなー。だが、それがいい。


何ていうか、母の、そして娘の「想いのカタチ」って感じがしました。
ハラショー。


そして今回、金澤翔子さんからお出でいただいたのは、2015年5月に厳修される三条教区宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要の駒札(寺院などの門前に立てられ、法要の案内や由緒などが記載される将棋の駒を模した形の札)の揮毫をしていただく為ということで。

しかも、その駒札を金物と縁の深い燕三条の技術を生かし、無形文化財に指定される、玉川堂さんの一枚の銅の板を金槌で叩き起こして形を創る「鎚起銅器」によって製作するとのこと。

その世界初の駒札は来年5月に三条別院前に披露予定。そちらも楽しみですね。



あ。えっと。

以前、このブログでも少しふれたかと思うのですが、
私、ksm.は今回の長岡市美術展覧会の入賞は逃していましました(・ω<) テヘペロ




>>tricot『POOL』MV



この悔しさをバネに、また精進します。そして、生きる。

| ksm.の小言 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【10/28レポ】遠藤卓也さん(一般社団法人お寺の未来)と。

どうも、ksm.です。もう11月・・・。
早いものですねー。

ところで、

先日ちょいと東京へ行って来まして。
・・・と言っても観光とかではなくて。

東京・神谷町光明寺さまにて、お寺の音楽会『誰そ彼』(今年で何と10周年!!)というイベントを運営していらっしゃる遠藤卓也さん(一般社団法人お寺の未来)とお話をさせていただいて参りました!!

今回、「自分達のイベントの参考にさせて欲しい」ということでメールしたところ、快くOKしていただいて(誠にありがとうございます!!)

しかも、この遠藤さん、もともとシステムエンジニアをしていらっしゃったんですが、この『誰そ彼』に携わるようになってそのお仕事を辞められ、現在は未来の住職塾の事務局長をやってらっしゃるという異色の(?)経歴をお持ちの方で。

さて、どんなお話が飛び出しますやら。


ということで、今回はそのお話のまとめです。


180875_494226125918_2230852_a.jpg


お寺の音楽会 誰そ彼 / Twilight Festival - TASOGARE ->>http://www.taso.jp/
東京・神谷町光明寺 / 光明寺 - 浄土真宗本願寺派光明寺>>http://www.komyo.net/

彼岸寺|超宗派仏教徒によるインターネット寺院>>http://www.higan.net/
一般社団法人 お寺の未来>>http://www.oteranomirai.or.jp/



(以下、敬称略)

Q.まず、どのような経緯で『誰そ彼』を始められたのですか?


遠藤:もともと私が松本(※松本紹圭)と友人で。2人で何となく「お寺の本堂で音楽が聴きたいねー」なんてことを話していたのがきっかけです。最初はターンテーブルを持ち込んで、お寺でホームパーティーをする感覚で。そしたら、当初から100名近くの方から集まっていただいて。その頃はフードもドリンクも参加者の持ち込みでしたね。


Q.“開催の願い”について教えて頂けますか?


遠藤:最初は先ほどお話したように「自分の好きな音楽を本堂で聴きたい」というものでしたが、だんだんスタッフの思いも変わってきているようで。ライブイベントを出来る楽しさ、喜びのようなものであるとか、仏教の面白さ、楽しさを共有したいという願いを持って開催しています。我々スタッフも今は自主的に年2回のお寺の大掃除をお手伝いしたりとかしてますよ。


Q.スタッフについて、それはどのようなメンバーなのでしょうか?


遠藤:実はお坊さんは少なくて、一般の方が多いです。友人関係とか、有志の方とか。基本的にスタッフはボランティアなので、あまり「仕事仕事」しないように、スタッフも楽しんでもらえるように心がけています。全体のスタッフとしては、いつも大体10~20名くらいでやってます。


Q.イベントの中で読経や仏教に関するお話をすることについて、どのようにお考えですか?


遠藤:お寺を会場にしているので絶対あった方がいいです。今となってはなくてはならないもの。これが無いと単なる「箱貸し」になる気がして。読経に関しては、イベントの最後に来場者も全員でするのですが、基本的にライブって黙って観るじゃないですか?だから最後に声を出すっていうことはいいのではないか?と思っています。最後にリラックスして頂くという意味でも。


Q.来場者の反応、感想等お聞かせ頂けますか?


遠藤:以前取らせて頂いたアンケートを見てたのですが・・・
「読経がよかった」とか「仏教の話は何度聞いても良い」といった意見が印象的でした。
お坊さんや仏教の話へのニーズは意外と多いのではないでしょうか?


Q.最後の質問ですが、『誰そ彼』も今年で10周年を迎えられて、今後の展望についてお願いします。


遠藤:はい。この『誰そ彼』というイベントを、仏教、お寺、お坊さんにふれられる“きっかけ”としていただけるようにこれからも頑張っていきたいです。お寺の本堂はやはり“特別な”場所。そこを“拠り所”、“自分の場所”にして頂けると嬉しいですね。


―大変ありがとうございました。




遠藤さんには、お忙しい中、大変興味深いお話を聞かせていただいて、本当に感謝です。その後、光明寺の石上和敬ご住職も合流し、懇親会でした(ご馳走様でした!!)


そして、もうひとつ嬉しかったこと。

「アドレスのbose_of_canataって、やっぱり“Boards of Canada”から?」

・・・って。遠藤さん、その通りです!!!
いやいや、流石です。そこに気づいていただけるとは・・・!!
初めてです。

ということで、今回の一曲はそれを祝して(笑)




>>Boards of Canada - Reach for the Dead (from Tomorrow's Harvest)



今月末30日はいよいよ『てらぱ!vol.4』!!!

まだまだ参加申込は受付中ですので、皆さん是非お越し下さい!!!


| ksm.の小言 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。