| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

meと眼

最近読んだ本。


rank.jpg


真藤順丈の『RANK』(2009)。

第三回ポプラ社小説大賞特別賞受賞作


他の作品、『地図男』、『庵堂三兄弟の聖職』は以前に読んだのですが、この『RANK』だけは読まずに本棚にしまってあったのを此の度漸く読んだ次第。


感想は・・・自分が読んだ他の二作品に比べると、インパクトに欠けるかな・・・と。

自分でハードル上げすぎただけかも知れませんけど・・・。


舞台は、2019年。

2010年に都道府県制が廃止され、新たに道州特区制度の導入された日本。関東州。

それに伴い、分離行政のリーダー・シップを執り、経済・産業の拠点を抱える関東州に人口は集中。

結果、殺人、強盗などの犯罪が増加。

州政府は、人口調整、犯罪予備軍の未然検挙を目的とし、州民全体を24時間CCDカメラ<眼>によって監視し続け、絶えず順位を付ける制度を施行。

低順位者は、公務員である“監査調整局特別執行官”によって処分されてしまう。

自分の任務に疑問を抱く、春日。

歪んだ正義のもと暴走していく、佐伯。

この2人の特別執行官が、ある事件を捜査する中で目の当たりにする「順位(ランク)制度」の驚くべき本当の目的とは・・・!?



・・・って、こんなお話。

いきなり“制度”とか出てくるんで、難解な話かと思いきや、登場人物の立ち位置がはっきりしてるので非常に読みやすい。

・・・が、しかし先がすぐ読めてしまうのが難。


クライマックスの盛り上がりがイマイチ。

最後には正義が勝つ、みたいな最も萎えてしまうパターン。

にも関わらず、特別執行官の春日と佐伯が一体何と戦っていたのかはっきりしない。

結局みんな無駄死に・・・。


うーん。。。

このお話の主題は「集団心理の恐ろしさ」とか「過剰なまでの安全への渇望がもたらす危険性」とかなのか??

この国の監視システムの精度は、先日のオウム真理教、地下鉄サリン事件の容疑者の逮捕でも実証済みですが・・・。


そう簡単に世の中はひっくり返らないよ、ってことなんでしょうかね。

RANK』。良くも悪くも「ありがちな」小説になってしまったように感じました。



◇◇◇本日のBGM◇◇◇

night.jpg

DAYDREAMS NIGHTMARES //
THOSE DANCING DAYS (2011)


1.Reaching Forward
2.I'll Be Yours
3.Dream About Me
4.Help Me Close My Eyes
5.Can't Find Entrance
6.Fuck arias
7.Forest Of Love
8.When We Fade Away
9.Keep Me In Your Pocket
10.I Know Where You Live Pt. 2
11.One Day Forever




・・・こっち見んな(笑)



<眼>ってことで・・・。

スウェーデン、ストックホルムのガールズ・インディー・ロック・バンド“THOSE DANCING DAYS”の2ndアルバム。

1st『In Our Space Hero Suits』(2008)の時の若い女の子が集まってワイワイやってる感じ(それはそれで良かったんですけど・・・)から、より“ロック”を意識したような作品になっているんじゃないでしょうか。

まあ、1stの頃は実際若かったんだから仕方ない。


those-dancing-days1.jpg
▲THOSE DANCING DAYS

メンバーは、

リニア・ジョンソン
リサ・パイク・ウィルストーム
レベッカ・ロルファルト
ミンミ・エヴレル
シシー・エフライムソン

の5人。


つか真ん中www


1990年代の“ライオット・ガール・ムーブメント”、2000年代の“ロックンロール・リバイバル”・・・。

その二つのムーブメントを経て、“出るべくして出てきた”バンド。っていう感じがします。

時代の申し子、的な。


そんなバンドがアメリカでも、イギリスでもなく、スウェーデンから、っていうのも興味深いですよねー。

ハイヴス”、“マンドゥ・ディアオ”を輩出してる国だけのことはある、ってことでしょうか。


見た目「普通」の娘さん達がやってるってのも面白い。

本当いいバンドですね。

オススメですよー。




ところで。

やっぱ、<眼>っつったら、


perusona20120332.jpg

アメノサギリ。デザインかっけー。



20081225020247.jpg

バックベアード様


断じて、違う。

誰が、浴衣の幼女にときめいたりなどするはずがあろうか。


スポンサーサイト

| THOSE DANCING DAYS | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。