| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【てらぱ!的ディスク・レビュー】NUMBER GIRL『SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT』

デビュー15周年ということで、今月21日にメジャー・デビューアルバム『School Girl Distortional Addict』が、来月18日に『SAPPUKEI』、『NUM-HEAVYMETALLIC』の15th Anniversary Editionがリリースされる、NUMBER GIRL

デイブ・フリッドマンのリマスタリングもさることながら、一番気になるのはDisc2に収録される未発表ライブ音源。それだけでも“買い”かなーなんて思ったりします。(こちらもマスタリングはデイヴ・フリッドマン)



【オススメ盤】

school-girl-distortional-addict.jpg

NUMBER GIRL / School Girl Distortional Addict(1999)

1.タッチ
2.PIXIE DU
3.裸足の季節
4.YOUNG GIRL SEVENTEEN SEXUALLY KNOWING
5.桜のダンス
6.日常に生きる少女
7.狂って候
8.透明少女
9.転校生
10.EIGHT BEATER




青春です。ギターによる焦燥音楽、それすなわちロック。

轟音の奥に潜むセンチメンタリズム。それこそがこのバンドの真骨頂だと、思うのです。

向井秀徳の独特の歌詞世界。
思えば、自分にとって「自己とは何か?」、そんな課題を一番初めに与えてくれたのはこのバンドだった。「所詮、ロックじゃないか」と言う方もいるだろう。しかし、あの日「自分の価値観を打ち破ってくれた」のは紛れも無くこのバンドだったのである。

人としての悲しみだけが、自己中心の世界を打ち破る。そして、その悲しみを伝えるのは、何もお坊さんの話だけじゃないよ。そんな音楽の力を自分はもう少し信じていたい。

あの衝撃が未だに忘れられず、「お寺の本堂でロック・ミュージックを鳴らす」、そんなことをほざいては馬鹿にされたり、文句言われたりするけども、それでもやってやるのさ。

言葉に出来ないジレンマを今日も少しぬるくなった缶ビールで喉の奥底に流し込む。

殺伐!!!



【本日の一曲】



>>NUMBER GIRL - 透明少女


スポンサーサイト

| NUMBER GIRL | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やるせなきおさん

真っ昼間から楽しんでる2人 ワタシも誰かとワケアリになりたーい
そうは許さぬ儒教の教え だけども誰でもやってる×3風

真っ昼間からとんでもないことやってる
ワタシは孤独を気取ってる 空元気 嘘いっぱい
ホントは本当はねさびしいの 誰かワタシを×3拾って

あー3万円でいいから 修羅場を見せて 落っことして
落っことして 落っことして 落っことして×3 ムチャクチャにして
ワタシを ワタシを ムチャクチャにして

落ちるとこまで ただ落ちたいの 諸行の無常を感じてたいの
真っ昼間から飛び降り自殺見ちゃった

アッ 夏のかぜ すずしいね
スカートふわり

(真っ昼間ガール // NUMBER GIRL)



こっちは真っ昼間からブログ書いてる訳ですが(笑)

昨日は、お寺の勉強会がありまして。
そこで講師の方から、ある死刑囚の話を聞きました。

そしたら何故かHUNTER×HUNTERのジャイロを思い出しまして・・・。

ジャイロって結局蟻編では伏線だけ。
20巻を読む限り、今後何らかの形で絡んでくるんでしょうけど。
てことは、ウェルフィンやヒナやビゼフも再登場してくる可能性もあるってことですよね?

楽しみですが、いつになることやら・・・


『歎異抄』というお書物の中に、


さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし


というお言葉が出てくるのですが、そういうことなんだろな。

例えば、戦争になれば誰だって人を殺めることもある、ってことです。


話の流れで、光市の事件や、京都亀岡の事件のことも。

正直言って、自分は“死刑”というものに関して、はっきりとした立場を取ることが出来ません。

ただ一つ言えるのは、それは考え続けるべき問題なんだということくらいで。


赤表紙と新聞の間に身をおけ


とは、曽我量深(そがりょうじん)という方のお言葉。教えと社会の間に身を置きなさい、ってことなんだろうと思う。
やっぱり無関心ていうのはよくない。今も身の回りではいろんなことが起きてるわけで。

そうは出来ない自分であってもこの言葉は胸に刻んでおきたい。


で、勉強会のあと久々に飲みに行って。

真宗の坊さんは肉食妻帯、お酒も飲めば髪もある。こういうこと言うと「堕落してる」とか言われるかも知れませんが自分としては、それが真宗の良い所なんじゃないだろうかと思うわけで。

自分もロクな人間じゃありませんが。

様々ご意見はあると思います。
しかしながら坊さんも“ただのひと”。そこが大事なんじゃないかと。


とにかくいろんな話も出来たし、有意義な一日でした♪


さて、明日からの準備をせねば。
毎回本山行くまでめっちゃ緊張するんですけど。


胃が痛い・・・。



◇◇◇本日のBGM◇◇◇

ugs.jpg

URBAN GUITAR SAYONARA // NUMBER GIRL (2000)

1 URBAN GUITAR SAYONARA
2 SENTIMENTAL GIRL'S VIOLENT JOKE
3 真っ昼間ガール



ナンバガかっけー。

| NUMBER GIRL | 15:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。