| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大事なお知らせ

お待たせしました!




てらぱ!vol.3


2013年6月29日(土)  19:00~


@BROTHER
(新潟県長岡市殿町3-3-7 紫紅ビル1F)
>>http://www.week.co.jp/gourmet/120949/




当初の予定より開催が遅れてしまったのは、ksm.がポケモンばっかやってた所為です。

すみません・・・。



詳細は追ってブログにてアナウンスさせていただきます。




今回の『てらぱ!』は、なんと・・・!



一夜限りでBARを“お寺”にしちゃいます!!!



まさに前代未聞、最早無謀とも言える今回の『てらぱ!』。


きっと特別な夜になること間違いなし!

皆様、是非お誘い合わせの上、ご来場ください。お待ちしております。






と、まあ今回会場がね・・・お寺じゃないんですけどね。

「お寺でやらないの?」という声が今にも聞こえてきそうですけど・・・(苦笑)


それには理由がちゃんと御座いまして。


ここ数年、自分の知り合い含め“お寺”で様々なイベントをされる方が増えてきたように思います。それは本当に喜ばしいことですし、自分も大変励みになります。


が!


そもそも“お寺”って何なのか?



そんなことを考える内に、ひとつのアイデアを思いつきまして。


それが今回の「坊さんが外に繰り出そう!」ってことだったんです。


自分たちは人を呼んでばっかりで、自ら足を運ぶことが少なかったのではないか?

―と。


周りでやってる素晴らしいイベントとわざわざ同じ土俵に上がることもないですし(笑)



何と言うか、人とは違うことをしたくなっちゃうお年頃。



おそらく色々ご意見もあろうかと思いますが、


ひとつくらいこんなパーティーがあってもいいんじゃない?


・・・ってくらいの雰囲気で。おなしゃす。





最後は、“キュウソネコカミ”の最新アルバム『大事なお知らせ』より。




>>キュウソネコカミ−「サブカル女子」PV



サブカル女子に賛辞 Oh Yeah!


>>近寄りがたいねでも好きさ 肩の辺りを殴られたい


↑禿同



スポンサーサイト

| キュウソネコカミ | 14:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレイジー・Dは砕けない

どらあああああああああ


ジョジョリオンもおもしろいですよね。やっぱりジョジョ最高です。
大弥ちゃんまじ小悪魔。ちなみに僕はコミックスで読む派です。




というわけでして・・・5月8日、9日は自分がおあずかりしているお寺の「報恩講御取越(ほうおんこうおとりこし)」という仏事が勤まります。なので明日もう一日。


まず、「報恩講(ほうおんこう)」というのは、浄土真宗の宗祖、親鸞聖人(しんらんしょうにん)のご命日の11月28日に勤まる仏事なんです(実際は28日までの七昼夜)。ですが、一般寺院においては、それを引き上げて勤めるわけです。だから「御取越(おとりこし)」。

そういうわけでこの「御取越」というのは真宗門徒にとって最も大切な仏事と言えます。

親鸞聖人のご命日の仏事を通してお念仏の教えを聞く、教えを聞くということは“我が身”を聞いていくということ。


誰しも小さい頃って、「なんで?」とか「どうして?」ってあらゆることに疑問を持っていたのではないでしょうか?
しかし歳をとるにつれ、いつしかそんな疑問も“何となくわかったつもり”で済ませてしまうことが多くなってしまうもので。

誰だってそんな疑問を感じず何となく楽しく生きていたい、と思うものです。
「なんで生まれてきたの?」とか。

と、同時に


果たして、本当にそれでいいんだろうか?


と感じるのもまた人間。結局のところ、“わかったつもり”でいるだけで自分自身のことさえほとんどわかっていない、というのが現実なのではないか、と。あとはそれに真正面から当っていくか、それを無視しつづけるか、の二択。

だからと言って、自分一人で“我が身”に気づけるのは稀で。いつも“我が身”を知らせてくれるのは“ことば”との出逢いであったりすると思うんです。
それが他者から発せられた声であれ、活字になっているものであれ。


音楽であったり
小説であったり
映画であったり

そういうものに自分が揺り動かされることって誰でも一度はあるんじゃないでしょうか。「私って何?」って感じている時こそ、すばらしい出逢いがあったりしますよね。

「めんどくせー」って言われてしまうような自問自答であっても、それは生きていく上では必要なことなんじゃないかと思うわけです。仏事を勤めるということも、聞いて、見て、“我が身”に出遇うという大事なこと。そんな気がします。

だからこそ自分でも「御取越」のような仏事を大切に、この“我が身”を気づかされる出遇いを大切にしていきたいと思っています。




それはそうと、み教えのお言葉に「金剛心(こんごうしん)」というのがあります。

【金剛心】
金剛のように堅くて何物にも破壊されない心。浄土教では弥陀の本願を堅く信じる心を言う。


金剛(金剛石)というのはダイヤモンドを指す言葉なので・・・そういうこと(笑)

親鸞聖人がお書きになった和讃(日本語による仏教讃歌)にこうあります。


信心(しんじん)すなわち一心なり
 一心すなわち金剛心
 金剛心は菩提心(ぼだいしん)
 この心すなわち他力なり     (高僧和讃 天親菩薩 和讃)


五濁悪世(ごじょくあくせ)のわれらこそ
 金剛の信心ばかりにて
 ながく生死(しょうじ)をすてはてて
 自然(じねん)の浄土にいたるなれ   (高僧和讃 善導大師 和讃)


・・・などなど。つまり信心はダイヤモンドってことですよね。
どらあああああああああ

何か“信心はダイヤモンド”って昔のアイドルの曲のタイトルみたい(笑)


・・・っと失礼。


◇◇◇本日のBGM◇◇◇


kyuuso.jpg


10代で出したかった // キュウソネコカミ (2012)
 
1. 前説
2. キュウソネコカミ
3. DQNなりたい、40代で死にたい
4. キャベツ
5. 性ビジネスは不滅
6. フェス行きたい
7. 役立たず
8. ネコオドル
9. YUTORI is good.
10. No Thinking
11. お願いシェンロン


kyuuso2.jpg

(CD帯より抜粋)
震えるぞバイト!!燃え尽きるほどニート!!

2009年、大学の同級生を中心に結成。
翌年から関西のライブハウスにて活動開始。
極めてダンサブルでエッジの効いたサウンド、圧倒的なまでにハイテンションなライブアクトにも関わらず、どこまでもネガティブな歌詞。他人を羨み、変にプライドが高く、何かにすぐ頼ろうとする他力本願な精神性は目に余る。
「ゆとり世代のリーサルウエポン(最終兵器)」キュウソネコカミによる1st FULL ALBUM!!!



震えるぞバイト!!燃え尽きるほどニート!!www
ある意味、究極の人間讃歌。

超かっこよい。
僕は人間をやめないよ、ジョジョ。

| キュウソネコカミ | 19:37 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。