| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤマアラシのジレンマ

この歌詞にグッとくる。




【本日の一曲】



>>plenty 「人との距離のはかりかた」




茨城県出身のスリー・ピースplentyの1st EPより。

現在は、元the cabsのドラム中村一太が加入し、新体制になってますけど。

Official Website>>http://www.plenty-web.net/


このMVは、あれですね。

独の哲学者アルトゥル・ショーペンハウアー(1788―1860)の

『ヤマアラシのジレンマ』がモチーフになってますね。多分。


“寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、

針が刺さるので近づけない”
っていう、あれ。


そもそも傷つくなら(傷つけるなら)近づかない方がいい。楽だし。

そういうのも分からんでもない。だけど。

本当にそれでいいのか?って思いもある。


学生時代に、こんなこと言われた。


「人は他人の痛みを本当に理解することはできない

しかし、その痛みを理解しようとすることはできる」


…僕の出会った言葉。

要するに、「うわっ、痛そー。大丈夫?」ってことですよ。


想像力。

無関心な人間にだけはなりたくないです。

ただ、どうなんでしょうね?

胸張って言えんの?って。


“人との距離のはかりかた”


難しい。苦手です。


“言葉にするだけ無駄かもな

でも言葉にしなくちゃダメだよな”



分かってるよ。僕だって。







スポンサーサイト

| plenty | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。