| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オススメ邦楽】Flipper's Guitar / three cheers for our side〜海へ行くつもりじゃなかった

日々の生活に、音楽でちょっとした発見を。
音楽聴くにも季節感は大事にしたいところです。

ということで。



【オススメ盤】

KIMG0015_convert_20140729182617.jpg

Flipper's Guitar
/ three cheers for our side〜海へ行くつもりじゃなかった



-収録曲-
1.Hello/ハロー/いとこの来る日曜日
2.Boys Fire the Tricot/ボーイズ、トリコに火を放つ
3.Joyride/すてきなジョイライド
4.Coffee-Milk Crazy/コーヒーミルク・クレイジー
5.My Red Shoes Story/僕のレッド・シューズ物語
6.Exotic Lollipop (and other red roses)/奇妙なロリポップ
7.Happy Like a Honeybee/ピクニックには早すぎる
8.Samba Parade/サンバ・パレードの華麗な噂が
9.Sending to your Heart/恋してるとか好きだとか
10.Goodbye, our Pastels Badges/さようならパステルズ・バッヂ
11.The Chime will Ring/やがて鐘が鳴る
12.Red Flag on the Gondola/レッド・フラッグ



夏だ! 海だ!(笑)


小山田圭吾、小沢健二が在籍していたことで知られるフリッパーズギター。
デビューアルバム。オリジナルは1989年リリース。
その後、2006年にボーナストラックを追加収録した限定版が、2010年にはSHM-CD化(こちらにはボーナストラック未収録)され再発されています。

この作品は上記2人に加え、井上由紀子 (key)、吉田秀作 (ba)、荒川康伸 (dr)がメンバーとして在籍していた“フリッパーズ5人編成”時の唯一のスタジオ・アルバム。

恐らく、フリッパーズのアルバムの中で一番愛聴しているのではなかろうか。

ギターポップ/ネオアコを主体としたサウンド。そして今でこそ珍しくなくなりましたが、この当時としては珍しく全編英詩。後にこういった「洋楽志向の強い邦楽」等を指して「渋谷系」なんて言葉も登場してきます。とにかく画期的でお洒落だった、ということですかね。

フリッパーズのデビュー、「渋谷系」ブームを経て、かれこれもう15年くらいになったわけですけど、今聴き返しても全然古臭い感じも無いし、寧ろ今でもキラキラしてる。

本当に素晴らしいものは時代に左右されない…

若輩者ながら、そう思っています。いやー、音楽って本当にいいもんですね~



【本日の一曲】



>>GOODBYE OUR PASTELS BADGE - さようならパステルズ・バッヂ -(M.V.) / FLIPPER'S GUITAR



ところで。

色んな音楽ジャンルとか、「○○系」とか自分でも便利なんでブログの中でも、つい使ってしまいますが本当はどうでもいいことですよね、そんなこと。CDショップとかで、自分の欲しいCDが見つけやすいくらいの恩恵でしかないです。リスナーとしては。


“すべての人間をすべての型に入れてしまおうと思ったら、とんだ間違いである”

― 暁烏 敏 『魂萌ゆ』







スポンサーサイト

| The Flipper's Guitar | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。