| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お寺と音楽と私。

新潟市・木揚場教会で開催した“お寺でライブ”『ほうおん!』から一ヶ月。


IMG_2044_convert_20141112144903.jpg
photo by takuya shiraishi



皆様から寄せられたコメント、感想等にひとつひとつ目を通させていただきました。

その中で、

“自分にとって『ほうおん!』とは何だったのか?”ということを改めて考えていました。

当初から、企画書に挙げていた開催の目的は、

①木揚場教会にスポットをあてる

②若い方にお参りをしてもらう

の2つ。

スタッフ調べによれば、来場者は延べ230名。やはり20~30代の若い方が多かった。

その点を踏まえれば、ある程度今回の目的は達成できたのではないかと思います。

特に印象的だったのは、②について、若い方々が真剣にお話に耳を傾ける姿。

また、読経が始まると誰に指示された訳でもなく姿勢を正す若い方々。

その光景は自分にとって全く予想していないものでした。

「若者のお寺離れ」ということが言われるようになって久しいですが、

こちらが精一杯伝えようとすれば、しっかり応えてくれる――

それが嬉しかったのと、

同時に今まで自分が如何に人(あるいは教え)に向き合ってこなかったのか、

ということを痛感した瞬間でもありました。



そして、開催テーマである『“お寺”で発見、“私”を発見』ということ。

これについては、結果として自分の思いが強く反映されたものとなりました。

“僧侶として自分に出来ることは何か?”ということ。

それは、“自ら教えを聞いていくこと。そして、それを伝えていくこと。”

さらに、“自己に出遇う場を開いていくこと。そして、それを共有していくこと。”

ではないかと感じています。

それを標榜する為の開催テーマ、その為の『ほうおん!』――

しかし、イベントの内容に関して反省、改善していくべき点はあります。

そのひとつが、「仏教(お寺)と音楽と“私”の発見」の関連性について、です。

この点については、イベント中に自分の口からお伝えするべきであったと思いますし、

もっと具体的な形として内容を工夫することは出来たのではないか、とも思います。

“私”にとって仏教(お寺)とは何か?

“私”にとって音楽とは何か?

そのような問いをもつことこそが「“私”を発見」していくことではないでしょうか。

仏教は“私”を映す“鏡”であると言われていますが、

きっとそれは仏教というものが、“ありのまま”の“私”を語っているからだろうと思います。

では、音楽の場合はどうでしょうか?

そこに表現されている喜怒哀楽。そういったもの全ても同じく“ありのまま”の“私”です。

だからこそ、私たちは、その曲に共感し、時に励まされ、時に涙したりします。

私たちは「自分のことは自分が一番よく知っている」などと言いますが、

本当にそうでしょうか?

私たちは自分の目で、自分の全身を見ることは出来ません。

自分の全身を確認する為には、やはり“鏡”が必要です。

“鏡”の前に身を置いて、初めて『“私”を発見』していくことが出来るのです。

そのように仏教と音楽というものから『“私”を発見』していける場所――

それが、自分にとっての『ほうおん!』です。



さて、反省も含めて、自分なりに今回の『ほうおん!』を振り返ってみた訳ですが、

何より大切なことは、継続すること、今回の反省を次回に生かしていくことだと思います。

その為には、改善すべき点は改善し、より良い『ほうおん!』として、

次回また皆様にお会いできるように努力していきたいと思います。


今後とも宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

| ほうおん! | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【2014/10/11(sat)ほうおん!】仏法聞き難し、今すでに聞く。

2014/10/11(sat)御来場の皆様、ありがとうございました!


1413183136020.jpg
(▲写真提供してくれた倉井くん、サンキュ!)


ほうおん!超楽しかったー!(Official website>>http://hou-on.org/


ご出演いただいた、

五十嵐さん

fornow bit

ミドリカワ書房

Predawn

MOROHA


本当に皆様、素晴らしいパフォーマンスでした!


(恐らく普段よりもかなり平均年齢の高い)フロアを盛り上げていただいた、

New GenerationYusukeさん、TxMxYxさん、


イベント中、撮影してくれた白石さん新保さん


音響、照明を担当してくださったサウンドエイトさん、

映像を担当してくださったソルメディエージさん、

フードの出店をしてくださったSURIKENさん、

ドリンクの出店をしてくださったLive Hall GOLDENPIGSさん、


おはなしをしてくださった、神部さん永寶さん村手さん

読経に参加してくださった、安藤さんはじめ楽人の皆様

素晴らしい読経を響かせてくれた、三条教区仏教青年会の皆様


当日まで、我儘ばっかりですみませんでした。木揚場教会の事務局の皆様


そして、2日間お手伝いいただいたスタッフの皆様



最後に、



dkさん


takaくん


直江さん


了悟くん


井上さん


関根さん


山P


西山さん



本当に、本当に、ありがとうございました!!
(書いてて泣きそうになってきた…)


勿論、

ここでは書ききれないくらい多くの方たちの支えあってこその今回の『ほうおん!』。


やってよかった。


別に成功した、とか失敗した、とかではなく。


やってみて初めて分かったことがたくさんありました。『発見』ですね。


それを胸に、また必ず開催したいと思っております。



またお会いしましょう!!





【本日の一曲】



>>MOROHA「恩学」MV



“俺達は普通の人だから 迷いもする疑いも生まれる”

“スペシャルサンクスだけで国語辞典よりも厚くなっちまう”


沁みた…んで、やっぱりここから歩き出そうと思った。


| ほうおん! | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週末!

いよいよです!

当日のタイムテーブルもアップしたのでそちらも!>>http://hou-on.org/?p=259


ということで、今週末は『ほうおん!』ですよー。

お近くの方は、木揚場教会集合で。

お願いします。


『ほうおん!』を前に漸く…


KIMG0044_convert_20141006173247.jpg



マイ眼鏡直しました(笑)


持ち主の不注意により、再三破壊、そして気まぐれに再生を繰り返してきたわけで。


おかえり。マイ眼鏡。


今度こそ大切にするからねっ!!!





【本日の一曲】



>>Weezer - Back To The Shack



新曲です。永遠の眼鏡ヒーローです。



これですよ!これなんですよ!待ってた。おかえりWeezer。

| ほうおん! | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要グッズについて

先日、本ブログで紹介させていただいた「宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要グッズ」
ですが、以下のサイトでご購入頂けます!是非、一度覗いてみてください!


new_KIMG0022_convert_20140904174130.jpg


>>オンラインショップは、こちら

≫ Read More

| ほうおん! | 17:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

法友、for you

更新が、すっかり滞っておりました…すんまへん。


ほうおん!のウェブサイトでは告知させていただいておりますが、
ポエトリーラップユニット“MOROHA”とお坊さんとksm.でお届けするトークセッション。

題して、“法”ד音”セッション(ほうおんセッション)の打ち合わせ。


と、その前に。

10月11日、会場にて販売する「三条教区」のオリジナルグッズの一部。


new_KIMG0022_convert_20140904174130.jpg


なかなかお洒落な仕上がり。

是非、イベント会場にて手にとってみてください!


真宗大谷派(東本願寺越後三条教区ねっと>>http://www.gobosama.net/



そもそもの今回のトークセッションですが、

仏教も、音楽も、「自分を明らかにする」という点で同じなのではないか?

…という思いから開催するものです。


“自分のありように対する深い悲嘆のこころ、
それだけが、私どもの傲慢さを砕いてくれる”
 宮城顗


悲嘆のこころ。

そういう悲しみを排除していけば、それなりに楽しく生きれるのかもしれない。

だけど、本当にそれでいいのか?

それはただ単に「見て見ぬふり」をしてるだけなんじゃないのか?


それに気づかせてくれたのが、自分にとっては仏教であり、音楽だった。


“人間は仏さまの法(真理)に出遇うと、
自分自身を見つめる眼を与えられる”
 箕輪秀邦


仏さまの説く法は、「我が身の事実」。

それに向き合うことが仏教の実践。

音楽でも、そういう姿勢をもったアーティストが好きなんですよ。やっぱり。

だからこそ今回はアーティスト×お坊さんという異色のトークセッションを通して、
仏教と音楽という異なるアプローチから“私”を発見していこう!というのが一番の願い。


…といっても忘れちゃならんのが、


“本当に自分を知るには、
やはり人という鏡がなくてはならない”
 高光大船


思えば、自分自身てらぱ!をスタートさせて改めてそのことを思い知らされた。

出遇い。

一緒に泣いたり、笑ったり。

時には、喧嘩したり。でもその全部が“私”を教えてくれてた。

そんな仲間に感謝。


new_KIMG0023_convert_20140904174157.jpg


そして、そんな仲間たちと囲むもつ鍋が最高でないはずが無い。

会議のあとの一杯は格別です(笑)


new_KIMG0024_convert_20140904174224.jpg


ほうおん!運営のtakaくん。二次会でのお姿。

あまりにもお洒落なお店だったので、つい。




【本日の一曲】



>>ONE OK ROCK 「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」



今回は、“ありがとう”の気持ちをこめて。


| ほうおん! | 18:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。