| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

癒し系エレクトロニカの決定盤

どもども。


最近、気がつくと柏原芳恵さんの『春なのに』が脳内で自動再生されています。

疲れ気味なんでしょうか?(苦笑)



ということで、本日のオススメいきましょう。


【本日の1曲】



>>The Postal Service - The District Sleeps Alone Tonight (OFFICIAL VIDEO)


生活に圧倒的に「癒し成分」が足りてない!なんて感じた時はコレ。


Death Cab for CutieBenjamin "Ben" Gibbardと、Dntelとして活動するJimmy Tamborelloによるユニット、“The Postal Service”


バンド名はシアトル在住のギバードとロサンゼルス在住のタンボレロとの間でDATをやりとりしたことに由来するとされている。(Wikipedia)



【オススメ盤】

give-up_convert_20140317201605.jpeg

The Postal Service / GIVE UP 【SUB POP】(2003)

1. The District Sleeps Alone Tonight
2. Such Great Heights (MV)
3. Sleeping In
4. Nothing Better
5. Recycled Air
6. Clark Gable
7. We Will Become Silhouettes (MV)
8. This Place Is a Prison
9. Brand New Colony
10. Natural Anthem




リリースからもう10年以上も経っているのですが、これは間違いなく名作。

やっぱり何となくエレクトロニカってとっつきにくい感じするじゃないですか?
そんなエレクトロニカに対する自分の偏見を見事に打ち砕いてくれた一枚。
これをきっかけにmorr music周辺のアーティストを聞き漁ったり(笑)

ホント最高ですよ、コレ。

サブ・ポップではニルヴァーナの『ブリーチ』以来となるヒット作となったのも納得。




スポンサーサイト

| The Postal Service | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。