| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

禁断の多数決『はじめにアイがあった』

最近はこのバンドとA-beeさんの2ndばっかり聴いてます。




【オススメ盤】

hajimeni.jpg

禁断の多数決 / はじめにアイがあった 【BounDEE by SSNW】(2012)

1.Jesus
2.World's End
3.透明感 (album ver) <<MV
4.Shine
5.サン・カムズ・アップ <<MV
6.Tropical Splash
7.午後の冒険者
8.Moodhit Landscape
9.The Beach (New Treasure Ver)
10.アナザーワールド <<MV
11.Dreams
12.Malibu Domino
13.Night Safari
14.Merry X'mas Mr.Walken
15.チェンジ・ザ・ワールド
16.Sweet Angel
17.Kushi Dango
18.勝手にしやがって!!
19.I Saw The Light
20.溶け出す前にアイスクリームが怒った




kinndannnotasuuketu_convert_20140128163312.jpg


禁断の多数決(キンダンノタスウケツ)>>
てんぷらちゃん、尾苗愛、ローラーガール、シノザキサトシ、
はましたまさし、ほうのきかずなり、処女ブラジルの7人組。(現在は6人組。)
2011年より動画サイトにて自作のミュージックビデオやグラフィックなどを次々に公­開し
デビュー前から話題に。

http://kindan.tumblr.com/

そしてリリースされた、“禁断の多数決”のファースト・アルバム。
何とも捉えどころのない感じです。そして漂うお洒落感。




【本日の一曲】



>>禁断の多数決「透明感 (album ver)」



ローラーガールさん、かわゆす。



一部では“ガラパゴス化”してきたと言われている日本のロック・ミュージック。
とは言え、そんなこと悲観してても仕方なくないですか?だって、島国なんだし(笑)

そんな“ガラパゴス化”を「だからどーした!!」と言わんばかりのこのバンド。
こうやって自由な感覚を持った若いバンドが出てくるんですから、日本の音楽も面白い。

このアルバムにしてもそうですが、固定観念に囚われないと言いますか、
寧ろ意図的にそこを外してるような印象。


話は少し変わりますが、

すべての人間をすべての型に入れてしまおうと思ったら、とんだ間違いである
―暁烏敏『魂萌ゆ』



本当にその通りだと思います。




スポンサーサイト

| 禁断の多数決 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。