| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オススメ洋楽】Owen / At Home With Owen

最近、何かとお寺を空けることが多くて、周りの掃除やら何やら手付かずだったので今日こそは!と、はりきってみたものの・・・急に降り出した雨・・・。

「梅雨」ですもんねー。

ということで、今回は
『外は雨。お部屋で“まったり”したい時』にオススメしたい一枚!




【オススメ盤】

at-home-with-owen.jpg

Owen / At Home With Owen (2006)

1. Bad News
2. The Sad Waltzes Of Pietro Crespi
3. Bags Of Bones
4. Use Your Words
5. A Bird In Hand
6. Windows And Doorways
7. Femme Fatale
8. One Of Theses Days




USエモ、インディーにおける最重要人物の一人であろう、マイク・キンセラ

American Footbalや、Cap'n Jazz、Joan of Arc等での活動で知られる彼のソロ。

今回の『At Home With Owen』(2006)は、通算4枚目の作品。

心地良いアコースティックの音色。奏でられる音には温もりさえ感じてしまいます。

素朴な歌声とメロディー。本当にOwenの作品はどれも“ハズレ”が無い。

「“エモ”なんて、全然興味ないしー」という方にも、是非聴いていただきたい一枚。

最高です。


【本日の一曲】



>>Owen- One of These Days [OFFICIAL MUSIC VIDEO]



雨の日は、やはり少し憂鬱ですが、こんな音楽と過ごすのも悪くないですよね?




スポンサーサイト

| Owen | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【オススメ洋楽】Owen『GHOST TOWN』

今日も雨降り。しとぴっちゃん。




>>Owen - Too Many Moons - Live on His Front Porch


周りの音さえも心地よく聴こえてくるから不思議。

Cap'n Jazz、Joan of Arc、American Football等で活動してきたマルチ
プレイヤー、マイク・キンセラ

彼のソロ、Owenの2011年リリース、通算6枚目のアルバム『GHOST TOWN』

相変わらずこの人の書く曲はすごく良い。

透明感があって、暖かくて。その歌声はいつも優しい。

“いいこともわるいことも、ものごとは全て移ろっていく”

このアルバムにはマイク・キンセラのそんな思いが詰まっているように感じる。

常に傍に置いておきたい、そんな一枚。




【収録曲】

[IMPORT]

01 TOO MANY MOONS
02 NO PLACE LIKE HOME
03 O, EVELYN...
04 I BELIEVE
05 THE ARMOIRE
06 AN ANIMAL
07 NO LANGUAGE
08 MOTHER'S MILK BREATH
09 EVERYONE'S ASLEEP IN THE HOUSE BUT ME




「TOO MANY MOONS」以外の動画もYoutubeにアップされているので、気になった方は是非チェックしてみて下さい。最高ですので。

| Owen | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。