| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『これは泣ける!!』名盤10選part4

67年前の今日5月29日、B29によって横浜の街は焦土と化しました。


横浜大空襲。


約一万人の方が空襲によって亡くなったと伝えられていますが、勿論自分自身空襲を体験したわけではないので、本当の苦しみはわからないのかもしれませんし、おそらくそれは想像を絶するものだったんだろうと思います。


5月29日横浜、3月10日東京・・・8月1日。地元、長岡。


ご門徒さんの中にも、身内の方が各地の空襲で亡くなった方々がいらっしゃいます。
ですから、空襲があった日にお参りに伺うこともあるわけで。

本当にやりきれないですな・・・


国豊民安 兵戈無用  (『仏説無量寿経巻下』)


というお言葉があります。
「国豊かに民安し。兵戈(ひょうが)用いることなし。」


誰かを失ってしまうことは悲しいことです。しかしながら、私たちがそこから何も学ぶことが出来なかったなら、それはもっと悲しいことなのではないでしょうか。


戦争の犠牲となられた多くの方々に心よりお悔やみ申し上げます。


【No.04】

jejune2.jpg

R.I.P. // Jejune (2000)

1. Record City After World
2. The New State
3. Lunatic
4. The Highs And Lows
5. 2000 Miles
6. Heart Of Desire
7. Early Stars
8. Morale Is Low
9. Thats Why She Hates Me
10. Solar
11. Lowlife (Version Remix)
12. Grace (Wizard Glick Is Swimming)



メンバーに紅一点、Arabella Harrison (Bass/Vocals)を擁する“Jejune”涙涙のラストアルバム。
本作は新曲にアナログの音源、再録の曲を加えた作品で、そういった意味で“ファンに捧げる”最後のアルバムと言ったところでしょうか。

歪みまくったギターの音とArabella HarrisonとJoe Guevaraの男女ツインボーカルの絡み具合が絶妙。

作品を追う毎にポップになっていった感はありますが、この何とも言えない“ほっこり”する感じがやっぱり“Jejune”の魅力じゃないか、と。


アルバムのタイトルが何か、もう・・・ね。


僕はきっと忘れない。

スポンサーサイト

| jejune | 15:08 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。